「法廷通訳に関する研修会」に参加しました

8月1日、日本弁護士連合会が主催する「法廷通訳に関する研修会 通訳におけるメモと記憶のメカニズム」に参加してきました。→研修会の詳細はこちら

私は現在、埼玉弁護士会と東京弁護士会に通訳人登録して、弁護士さんたちがベトナム人被疑者・被告人に接見する際の通訳をさせていただいています。法廷通訳はこの範疇ではなく、私自身も経験はありませんが、今年に入ってベトナム語通訳人の入る公判を二回ほど傍聴する機会があり、大変勉強になりました。公判の傍聴自体が初めてで、審理の過程を知識としては知っていたものの、目の当たりにすることでより明確になりました。また、日頃他の人がベトナム語の通訳をする場面に出くわせることもほとんどないため、「なるほど、こういう時はこういう言い回しや振る舞いをするとスムーズなんだ…」というのを実感し、日々の自分の通訳の在り様を振り返る大変良い機会となりました。

そんな過程を経て参加することのできた、今回の研修会。メモの取り方(ノートテイキング)に重点を置いた会でしたが、それが正確で丁寧な通訳を行うためにいかに重要であるかを学ぶことができました。なかでも印象深かったのは、法廷という特別な場所で通訳する際には「言いよどみ」(日本語で言うところの、え~と、あの~、ん~、そうですね…など)も忘れずに通訳するべきだ(メモに取るべきだ)、という講師の方からのご意見。被告人が「何を話すか」はもちろん、「どのように話すか」も同じように重要であるためです。

私は通訳としての特別な訓練を受けた経験はなく、これまで実務を行うなかで学び、反省し、経験を積み、少しずつ改善・改良し、進んでました。そのため、こうした研修会はとても貴重で、これまでの自分ができていたこと・できていなかったことを振り返り、課題を把握して今後に活かしていくことができます。自己研鑽を怠ってはいけないと気持ちを新たにする一方で、これからもいろいろな研修会に参加することができたらと願っています。

【研修会でご紹介いただいた参考文献の一部】

『よくわかる逐次通訳』東京外国語大学出版社

『法廷通訳人の倫理』松柏社

From Hem

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です