『ひかりのすあし』展

ピアノのお仕事をしているご友人Uさんが、なんと下駄職人デビュー!?という情報を聞きつけて、神楽坂のKANNO TEXTILEさんで開催中の『ひかりのすあし』展に行ってきました。インドやウズベキスタンの布でお洋服や雑貨を製作しているKANNO TEXTILEさん、その端切れを使ってUさんが鼻緒をつくり、このたび素敵な下駄たちが誕生したのでした。

IMG_20160721_222808

下駄って、思えば初めて履いてみたのですが、とてもしっかりしたつくりで安定感抜群。手仕事ならではの細かさで鼻緒の裏地にも可愛らしい布が使われていて、ちらりと見えたときに嬉しくなります。思わず一つ購入(写真一番右のものです)。和装だけでなく洋装にも合わせやすいということがわかったので、この夏たくさん履いてみようと思います。

KANNO TEXTILEさんのお洋服や雑貨もとても素敵で、布への深い愛情を感じた時間、空間でした。素敵なひとときを、ありがとうございました。

From Hem

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です