シンポジウム『体験の言語化』

P_20160802_125021

先日、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター主催の「教えるな!揺さぶれ。公開!『体験の言語化』シンポジウム」に聴衆として参加してきました。同センターは長年学生さんたちの海外ボランティア活動(マレーシア)を企画しているそうなのですが、現地での体験を終え帰国した学生さんたちが、学内で自身の体験を言語化し他者に伝えるという段になり、なかなか充分にその体験を言語で表現できない…という困難に直面し、この3年ほど新たな取り組みとして「体験を言語化する」ことに重点を置いた特別なプログラム(全8回構成で1単位取得)を行っているとのこと。その3年間の取り組みの成果発表として、今回のシンポジウムが開かれました。

シンポジウムは二部構成で3時間にわたるものでしたが、全編You Tubeにも公開されています↓

参考になる要素がたくさんありました。特に『個人的な体験を言葉で表現する』→『その個人的な体験を通して社会的課題を見つける』というプロセスは、とても大切なことだと痛感しました。だけど今回何よりも驚いたのは、「現状、体験を言語化できない大学生が多く、そのためにはこうしたプログラムが必要だ」という、大学関係者の皆さんの前提となる問題意識でした。これは私が抜け落ちていた問題意識であり、今回のシンポジウムを通して「そうなのか…」と唸ることでもありました。もちろんこれは、何も学生さんたちに限った問題でもないと思います。自分の体験を自分自身が肯定し尊重し、言語化して初めて、他者に伝達し考えを交換できる… どんな場面でも、どんな年齢でも立場でも、とても重要なこと。だけど確かに、なかなか自然に身に付けられる力でもないのかもしれません。ちょっとした「きっかけ」が必要なのかな…。日々のなかで人それぞれに、この力を養う「きっかけ」はあるのでしょうけれど、その「きっかけ」をこうして大学がプログラムとして提供してくれるのは、今この時代だからこそなのかなと感じました。

私自身もまた一つの「きっかけ」をいただけたシンポジウムでした。上記、充分に言語化できているとは思えませんが…(汗)

P_20160802_124949

ところで、早稲田大学、実は初めて行きましたが、母校との違いに戸惑いました。緑の多いキャンパスっていいなぁ。

From Hem

“シンポジウム『体験の言語化』” への2件の返信

  1. ゲロラマ様、コメントをありがとうございます。私も大変勉強になったシンポジウムでした。今年10月にはこの「体験の言語化」の取り組みを本にしたものを出版予定だそうです。私自身ぜひ読んでみたいなと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です