ベトナム中部高原のBuôn Ma Thuột(バンメトート)で撮影された通りを示すこの青い看板、ベトナム語には使われないはずの「J」が登場しています。Y Jut(またはY Jut Hwing)はベトナムでは少数民族とされるエデ族の偉人の名前で、エデ族の文字を構築した人物だそう(1888-1934)。国内の公用語である「ベトナム語」は多数民族キン(ベト)族の母語ですが、他の民族にも独自の言語があり独自の文字体系を成していることを気づかせてくれる、貴重な看板でした。《Photo by Anh Sakamaki – Xin cảm ơn anh!》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください