ベトナム語試験を受けてきました

6月25日(日)、第1回「実用ベトナム語技能検定試験」を受けてきました。特定非営利法人・東南アジア言語普及協会が独自に作成、開催をしているものですが、日本で初のベトナム語検定試験。過去問もなく、どんな問題が出るのか全く分からないままのチャレンジ!(一応ウェブサイト上には問題例が載っているのですが…全く参考になりませんでした、涙)

私は二級を受けました。リスニング35分、筆記が75分。率直に言って…難しかったです!!特にリスニング。1回しか聞けないし、速度はわりと速め、北部発音、出題内容としてはビジネスの場面が多かったように思いました。いやぁ、精進しなければいけないなぁと背筋が伸びました。筆記は、語彙を問うもの、語順を問うもの、長文読解などさまざま。問題量が多くて終了時間ギリギリまでにらめっこしていました。長文読解は、個人的には読み物として面白いものが多く、試験じゃなければもっと堪能したかったなぁ、なんて。ただ、他の級の問題もわからないのですが、何に依拠して問題を作成していて、何を基準として級を分けているのかはとても気になるところでした。

会場は目白の専門学校でしたが、二級だけでもざっと50名近くはいるようで、他の級の教室にも人がたくさんいました。普段なかなか、ベトナム語を学習している・学習したことのある方々との交流が少ないため、それだけの人数が参加していることも驚きました。皆さんどういう経緯で受けに来ているのかなぁなんて、密かに興味津々でもありました。

二級は200点満点で75%以上が合格とのこと…。けっこう心配していますが、7月下旬に結果が来るのを待ちたいと思います!

From Hem

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です