ホーチミンへ行ってきました

先週、ホーチミンに行ってきました。ARBAが主催する体験ツアーとベトナム編をご一緒させてもらうためでした。寒い土地から酷暑の土地へと飛ぶので体調が不安だったのですが、現地でたくさん汗を流してデトックスできたのか、すこぶる元気な帰国後の今です。連日35度でしたが、乾季なのにスコールが降る日もありました。

ツアーの詳細はここでは割愛しますが、9月から半年ぶりのホーチミン滞在。わずか半年でこんなに…と驚くほどに街の様子、特に1区中心部の様子が変化していました。街が生きてるみたいって、こういうことを言うのでしょうか。地下鉄工事はどんどん進み、新しいお店やビル・マンションが出現していたり。新しいお店の中には和食レストランもあって、なんだか不思議な気持ちでした。現地の友人もまた「住んでいる私でさえ中心部に行くとビックリよ」と話していました。

それでももちろん、変わらない風景もたくさんあるわけで。半年前の滞在で何度も訪れた緑豊かなタオダン公園には、飼い鳥の美しい鳴き声を堪能しながら珈琲を飲み、談笑をする人々の姿がありました。前回時間をもらって話し込んだ物売りのお姉さんもお元気そうで、これ買いなさいよ攻撃がすごかったです(笑)

美味しいごはんや香り高い珈琲を味わい、元気で明るく日々を楽しむ現地の友人たちの姿を確認すると、本当に、活力をもらえた気持ちになります。これからもこうして、半年に一回ペースでもいいから、訪れることができたらいいなと願っています。

※以下の写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。

From Hem

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です