今日のベトナム語・来るものは来る

以前ベトナム人の友人に教えてもらったフレーズ、“Cái gì đến sẽ đến.” たまに思い出しては勇気づけられています。

「『ケセラセラ』にあたるようなベトナム語ってある?」と聞いたときに、教えてもらったフレーズでした。ベトナムで広く使われている言い方なのか、あるいはその友人が咄嗟に思いついたものなのか、いまいち定かではないのですが、「来るものは来る」という意味になります。主語はCái gì đếnで「来る何か、来るもの」、動詞はsẽ đếnで未来形の「(これから)来る」。カイ・ジー・デン・セー・デンという、その語感の良さも気に入っています。

来るものは来る、来ないものは来ない。大雨で全身びしょ濡れになった今日、久々のスコールみたいだなぁと思いつつ、ふと思い出したフレーズでした。

From Hem

“今日のベトナム語・来るものは来る” への2件の返信

  1. 「今日のベトナム語」いつも楽しみにしております。木村先生は御存じでしょうが、最近私が気付いた言葉「どんこシイタケ」の「どんこ」を漢字で書けば「冬菇」で、ベトナム語で書けば「đông cô」 。なんと漢語由来の言葉でした。よく似た発音の漢語由来の日本語とベトナム語を知ることも学習者の特権ですね。

  2. 吉永さん、コメントありがとうございます。冬菇がベトナム語でも似たような単語であるとは、私も知りませんでした!勉強になります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です