今日のベトナム語~ご出身はどちらですか?

昨日、とある通訳のお仕事がありました。詳細は書けないのですが、私は立場的には日本人の方に帯同して、一緒にベトナム人の方に会いにいきました。おふたりは初対面だったので、自己紹介から始めましたが、わりと早い段階で、日本人の方が「あなたのご出身は、ベトナムのどちらですか?」と尋ねました。実は私は、この質問が投げかけられたことがとても嬉しかったのです。主に二つの理由から。

一つは、私自身が知りたかったからです。私はベトナムの方にお会いするときに、「この人はベトナムのどこの出身なんだろう」と、とても気になります。いや、日本人でも何人でも、国籍を問わず、気になるのは私の一種のクセのようなものかもしれませんが、ベトナムの方々に特に尋ねてみたくなるのは、その発音やイントネーション、単語の地域差が、その人が口を開いた途端に顕著だからかもしれません。日本でお会いするベトナムの方は割合的に北部出身の方が多いと感じますが、それゆえ、ホーチミンでいわゆる南部弁を学習した私の発音との差が常々あり、気になってしまうのです。昨日のお相手もハキハキとした北部発音で話す方で、どこから来たのかな…と心の中で気になっていた私。ただ、通訳者という立場上、特に昨日の業務の性質上は、自分から勝手にそれを聞けずにいました。

二つ目は、私の隣にいる日本人の方が、今いる目の前の相手に関心を寄せていることが伝わってきたから。相手の出身地域がわからなくても、仕事上の話はできる状況でした。それでも、そのひとつの質問があったおかげでお相手は笑顔になり、素直にいろいろな話をしてくれました。案の定、ベトナム北部地域のご出身でした。日本人のその方とは、私はこれまで何度か一緒にお仕事をさせていただいているのですが、その過程において、通訳者である私にも、ベトナムという国や人々についてたくさん尋ねてくれる方でした。コミュニケーションの第一歩は、相手に関心を持ち、それを表現すること。そのことを久しぶりに目の当たりにできた、貴重なひとときでした。

「あなたのご出身は、ベトナムのどちらですか?」…このフレーズを私は、Quê của bạn ở đâu? と訳しました。直訳は「あなたの故郷はどちらですか?」 出身地について尋ねたいとき、ベトナム語でももちろんいくつかの表現ができるはずですが、私が現地で暮らしてきた経験から「故郷」=quê (クエ)という単語を用いるのが一般的であり、スムーズであるという印象です。このフレーズに私が少しのノスタルジーを感じてしまうのは、この「故郷」という単語を用いた感傷的な歌が、ベトナムには多いからかもしれません。

【単語メモ】

quê (クエ):故郷

A của B ク~ア):B の A

bạn (バン):あなた(同世代の相手に対して男女問わず使える二人称、やや他人行儀・中立的)

…ở đâu?(オ~・ダウ):…はどこですか?

From Hem

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です