司法通訳技能検定を受けてきました

10月7日(土)に「2017年度・司法通訳技能検定」を受けてきました。一般社団法人日本司法通訳士連合が主催している検定試験で、接見通訳・法廷通訳を想定した内容です。複数の言語が試験対象になっているのですが、今年はベトナム語が登場しており(過去に試験対象になったこともあるそうなのですが、今年は久しぶりに再登場したようです)、ただでさえ希少なベトナム語の試験を受けてみたかったのと、私自身普段のお仕事で接見通訳にたずさわっているという関連性もあり、3・4級に初挑戦してきました。ちなみに同じ級での受験者は全言語あわせて40名ほどいて、うち7名がベトナム語でした(多さに驚きです)。

試験は、法律問題が90分、言語問題が60分、リスニング問題が60分という三部構成でした。法律問題は法律の知識を問うものでオール日本語でしたが、言語問題は法律用語や刑事事件に関する短い文章の翻訳問題で、私の場合は日本語⇔ベトナム語の双方向を行いました。リスニング問題は非常に実務的で、接見室での弁護士(日本語)と被疑者(私の場合はベトナム語)の一連のやりとりを一文ずつ交互に聞き、その場で通訳をするようなイメージで日本語はベトナム語へ、ベトナム語は日本語へと翻訳して書き取るものでした(全50問)。同じ部屋で英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語などの方々も同時受験していたため、それぞれヘッドフォンを装着して受験しました。法律の専門家ではない私にとっては最初の法律問題が本当に難しくて、なかなか正解を選べなかったように思います。翻訳問題とリスニング問題もとても簡単とは言えず、結果はどうなることやら…です。

それでも、結果にかかわらず、こうして時々ベトナム語関連の試験を受けられるのは、自分のスキルを振り返る非常に良い機会となります。そしてその度にまだまだだ…と反省することになるのですが、それをこれからのモチベーションへとつなげて、引き続き精進していけたらと思っています。

From Hem

“司法通訳技能検定を受けてきました” への1件の返信

  1. ご無沙汰しています、お元気ですか?受検されたんですね!また今度、詳しくお話聞かせてくださいください^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です