大学で授業をさせていただきました

先日、都内の某大学にて、まもなくハノイでのインターシップへと出発する大学生3名の方々に向けて、ベトナム語の授業をやらせていただきました。このインターンシップのコーディネーターさんと以前から知り合いで、そのご縁でご紹介いただきました。

2週間のハノイ滞在中、インターンシップ先では主に日本語や英語を使用するという学生の皆さんですが、「ベトナム語がどんな言語かを知ってほしい」「たとえ通じなくても、ベトナム語を使って現地の人たちに話をしてほしい」というコーディネーターさんの願いに賛同し、授業は、①ベトナム語の基礎知識(本サイトの一項目「ベトナム語を知る10のこと」に似た内容です)、②ベトナム語の簡単な挨拶やフレーズ(こんにちは、ありがとう、また会いましょう、私は…です、など)の二部構成で行いました。わずか60分、一回限りの授業でしたので、伝えられる内容に限りはありましたが、学生の皆さんは初めて見る・聞くベトナム語に悪戦苦闘しながらも、するするとたくさん吸収してくれました。初めてとは思えないくらいに発音がお上手で、びっくり。

(写真は授業で配布したプリントの一部)

相手の国を訪問するとき、その国の言語を少しでも知ってから行く。知ることのできた内容がほんの少しでも、それらを思うように使えなくても、通じなくても、知らないよりは知っていたほうがずっといい。それは一つのマナーのようなものではないかと感じますし、そして、その姿勢というものは必ず相手にわかってもらえるものであり、相手が喜んでくれるものだと私は信じています。

学生の皆さんのインターンシップが充実したものとなるように、陰ながら願っています。コーディネーターのMさん、素敵なご縁と貴重な機会をありがとうございました!

From Hem

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です