帰国しました

ホーチミンを朝6時10分に出発するベトナム航空の早朝便で帰国。初めての利用。キャンペーン価格のチケットのため、選ぶこともできずこの便にしたけれど、よく考えたら4時には空港にいなければならない。ということは3時半頃には家を出るわけで、そんな時間に大家さんを叩き起こして鍵を開け閉めしてもらう度胸もなければ、真っ暗ななかでタクシーを捕まえる自信もなく、日付をまたいだ頃には大家さんに別れを告げ、かなり早めに家を出た。「次来るときも、空いていればうちに泊まってね」と言ってくれた。嬉しかった。

p_20160916_020949

深夜のタンソン二ャット空港には、全然人がおらず。電気が半分消されたカフェの片隅でパソコンをカタカタ、残務処理。ベトナムにいても、日本にいても、良くも悪くも自分は自分でしかないことを思い知らされた今回の滞在。空港で事務作業をする計画性のない私も、やっぱり私。とほほ。眠気に抗えずパソコンを閉じ、空港のベンチに横たわって仮眠。数年前までよく利用していた格安の乗継便で、待機中の上海の空港に並んだベンチの上に、エアコンの寒さに凍えながらもぐーすか寝ていた自分をふと思い出した。

p_20160917_142507

東京の自室に戻る。郵便受けがチラシや請求書や明細書でいっぱいになっていた。こんな部屋だったっけ…と、不思議な気持ちで荷ほどきをする。もっと秋の様相かと思いきや、東京はまだ暑かった。とはいえホーチミンに比べれば過ごしやすい。

東京は静かな街だと思う。バイクのクラクションも、大声でおしゃべりする人々の声も、聞こえない。毎度のことだけど、この静けさに耳が慣れるまでには時間がかかる。時差ボケならぬ、喧噪ボケ? でもきっと数日経てば、東京暮らしの感覚が戻ってきてしまう気もする。

ベトナム語を教える仕事が再開。やるべき仕事があるというのは、有り難いことだと思う。この教室では北部発音で教えることになっているため、ヤーをザーと言い、ローイをゾーイと発音する。すっかり南部発音に戻っていた自分には、かなり意識しないと難しかった。「おかえりなさい」と迎えてくれた受講者さんたちに、お土産の月餅(Bánh Trung Thu)を味見してもらった。反応が微妙だったのは、言うまでもない。

「日常に戻る」という言い方があるが、ホーチミン滞在も、東京暮らしも、どちらも私の日常であったらいいなと思う。

From Hem

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です