書店FAHASAにて②

前回の記事でFASAHAで見つけた日本文学のベトナム語翻訳版を紹介しましたが、別の棚では日本関係のこんな本もあり、ちょっと気になっていました。どちらも日本に住んでいた・住んでいるベトナム人筆者による、日本での暮らしや仕事について書かれたものです。

p_20160915_210229

(左)Nhật Bản đến và yêu→「行って、愛した日本」(仮訳)

(右)Đến Nhật Bản học về cuộc đời→「日本に行き人生を学んだ」(仮訳)

どちらも私の仮訳ですが、このような意味のタイトルです。1988年生まれのDương Linhさんと1992年生まれのLê Nguyễn Nhật Linhさんという若い女性筆者による自身の日本での体験記。特にDương Linhさんは有名な方のようで(本の紹介によれば現在は長崎国際大学で日本語教師をされているとか)、先日東京にいるベトナム人留学生たちに聞いてみたら、名前を知っている人が多かったです。どんな内容が書かれているのか気になり、この二冊は今回購入していました。

留学生に限らず、技能実習生や観光客としても、日本にやって来るベトナムが急増している昨今。実際に日本の生活を体験した彼らがどんな風に日本を紹介しているのか(もちろんこうして出版されるのはごく一部ではありますが)、ぜひ読んでみようと思います。

From Hem

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です