珈琲セミナーに参加しました

私はコーヒーが大好きで、毎日、朝昼晩と食後に必ず口にしています。自分で豆から挽いて淹れるときもあれば、インスタントで済ませてしまうときもあるし、外出先のカフェなどでいただくこともあります。けれどじゃあコーヒーに詳しいかと言われればまだまだそんなこともなく、何かしらのこだわりがあるわけでもなくて、自分好みの豆を模索したり、淹れ方を試行錯誤している最中でした。

そんなとき、先日のことですが、時々立ち寄っていた駒込の「百塔珈琲shimofuri」さん主催のコーヒーセミナーに参加する機会を得ました。いつも美味しいコーヒーをいただけて、お店もスタッフさんも素敵な雰囲気で、お気に入りの喫茶店でした(必ず「羊毛とおはな」の音楽が流れているのも好きな理由のひとつでした)。前から時々セミナーをやっているのは知っていたのですが、念願かなって参加することができました。

この日は「基礎編」ということで、コーヒーベルトのお話や、コーヒーの生産・焙煎・抽出の過程のお話、良質なコーヒーとそうではないコーヒーの違いなどを店長さんにご紹介いただいて、その後で実際にさまざまな品種の、あえてさまざまな焙煎・抽出過程を経たコーヒーを試飲しました。レクチャーのおかげで、おもしろいくらいに味の違いが分かりました!さらに温度を冷ました後に飲み比べたりもして、味の変化を楽しみました。こんなに一度にたくさんの種類のコーヒーを飲んだのはもちろん初めてで、飲み進めるにつれてだんだんと不思議な感覚に陥り、ついには自分の舌に自信が持てなくなりました(笑)一口目の印象って大切なんだなぁとも思いました。この日は一番気に入った豆をお土産に持ち帰ることができ、私はケニア産の深煎りをいただきました。帰宅後に家で飲んだらやっぱり美味しかったです。

セミナーの冒頭に、店長さんがお話していたことがとても印象的でした。

「私は『美味しいコーヒー』という言い方はしないようにしています。『美味しい』というのはとても主観的なもので、当然人によって違うからです。だから今日はコーヒー屋として『よいコーヒー』『よくないコーヒー』の紹介をしますが、それが『美味しい』かどうかは皆さん次第です。ご自分の好きな味を見つけられることが大切です。正解はありません」。

何事においてもその通りだし、そういう店長さんの姿勢を素敵だなぁと思いました。私も正解を求めるのではないコーヒーライフを、これからもっと楽しみたいです。

From Hem

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です