今日のベトナム語~よいお年を

早いもので、2016年も今日で最後となってしまいました。12月も後半になると、年末のご挨拶として「よいお年を」と声を掛け合ったりするものですが、この「よいお年を」にあたるベトナム語は何だろうと考えたときに、Chúc bạn ăn Tết vui vẻ. (チュック・バン・アン・テッ・ヴーイ・ヴェ~)=「楽しいお正月を」が浮かびました。日本語とのニュアンスの差はありますし、日本語の「よいお年をお迎えください」をベトナム語に訳す形で表すこともできるとは思いますが、同じような場面(年末のご挨拶)で自然に使われるであろうフレーズとして、以下、これについて紹介したいと思います。

【Chúc+二人称+……+vui vẻ.】という型で、「あなたが……を楽しむことを願います」という慣用句。 Chúc は動詞の「願う・祝う」、二人称「あなた」は相手にあわせてその都度変動(今回は便宜的に bạn を使っています)、最後の vui vẻ は形容詞の「楽しい」。この型で日本語の「よい〇〇を」という言い方にあてはめることができます。例えば、

*****

Chúc bạn cuối tuần vui vẻ. (チュック・バン・クォイ・トゥアン・ヴーイ・ヴェ~)

→「よい週末を」 *cuối tuần は名詞で「週末」

Chúc bạn du lịch vui vẻ. (チュック・バン・ズー(ユー)・リッ・ヴーイ・ヴェ~)

→「よい旅を」 *du lịch は動詞で「旅行する」

*****

といった感じ。点線部には名詞がきたり動詞がきたりとさまざまです。

さて今回の「よいお年を」。Chúc bạn ăn Tết vui vẻ. をあらためて見てみると、点線部にはăn Tết という二語が挿入されています。これを分解すると ăn=「食べる」(動詞)、Tết=「お正月」(名詞)で、「あなたが楽しくお正月を食べることを願います」→「よいお年を」という言い方になっています。日本語のように「年」という単語ではなく、「お正月」を使っているので、上述したように日本語とのニュアンスの差はありますが、この「お正月を食べる」と言い方が何ともユニークで、私は好きなのです。

これに似た表現で ăn đám cưới (アン・ダム・クォーイ)=「結婚式を食べる」というものもあって、例えばNgày mai chị đi ăn đám cưới. 「明日私は結婚式に行きます(=結婚式を食べに行きます)」という風に使ったりします。私は今のところこの二つのシチュエーション(お正月と結婚式)以外では、祭事ごとの前に動詞の「食べる」を伴うパターンを見たこと・聞いたことがないのですが、もしかしたら他にもあるのかもしれません。

ではお正月や結婚式を、なぜに「食べる」のか? この疑問を解消したくて、これまでにベトナム人の友人たちに聞いて回ったのですが、皆さんからの回答は「だってお正月も結婚式もたくさん食べて楽しむものでしょ」というもの(笑) まぁ確かにそうなのですが、他に何か意味があるんじゃないのかなぁ~と思ってモヤッとしたまま現在まできてしまっている私です。私は今のところは、「食べる」つまり「味わう」という意味なのかなと思っていて、「よいお年を」の場合であれば、「あなたがお正月を楽しく味わう(楽しく過ごす)ことを願います」ということが言いたいではないかと解釈しているのですが…。

 【1月17日追記】VIETJO Lifeさんでこのテーマを取り上げた記事を発見しました!参考にさせていただきました。→こちら

と、ここまで書いてはみたものの、ご承知の通りベトナムでは旧正月が本番。2017年は1月28日が元旦で、明日1月1日は祝日にはなっていますが、ベトナムの人々の伝統的で精神的な意味でのお正月はもう少し先のお話。上述してきた挨拶表現についても、現地では1月28日が近づいてくるにつれてよく耳にするようになってくるかと思います。

ですが西暦では本日が最終日。2016年も多くの方々に支えていただき、元気に過ごすことができました。本サイトをご覧くださっている稀有で貴重な皆さま、いつも本当にありがとうございます。来年も皆さまがご多幸に恵まれますように。どうかよいお年をお迎えくださいませ。Chúc bạn ăn Tết vui vẻ 🙂

From Hem

今日のベトナム語~葉の緑、空の青

校閲のお仕事をしていて、ふと「緑」というベトナム語に手が止まりました。そういえば、好きなベトナム語単語のなかに「緑」と「青」という色の表現があることを思い出しました。「緑」も「青」も、共に xanh (サィン)という単語を使いますが、これでは二色を区別することができないので、より具体的にこんな言い方をします。

緑=xanh lá cây (サィン・ラー・カイ)

青=xanh da trời (サィン・ザー(ヤー)・チョーイ)

 lá は「葉」 、cây は「木」、da は「肌・皮」、trời は「空」を表します。つまり、緑は「木の葉の緑」、青は「空の肌の青」という言い方です。なんて素敵な、詩的な表現なんだろうと、ベトナム語の先生に初めてこれらの単語を教わってから、ずっと好きでいるのです。

DSC_0654_00070

From Hem

 

研修報告書が完成しました

今年4月から事前授業がスタートし、9月に2週間ベトナム・ホーチミンでの現地研修でご一緒した、法政大学キャリアデザイン学部のプログラム「キャリア体験学習ベトナム」の参加学生さん10名による報告書(論文集)が、遂に完成しました。長い時間をかけてベトナムでの調査活動に向き合ってきた学生さんたちの、力作です。過去最大ボリュームの90ページ構成となりました。

p_20161215_180220

先日12月16日(金)には、以前こちらのブログでもご紹介させていただいた学内報告会が開催されました。ひとりひとりが自分の言葉で、この研修の特徴や学びの内容を語りました。宣伝活動の甲斐あって、多くの方に聞きに来てもらえました。

p_20161216_125350

皆さんきっと、それぞれの理由やきっかけはあるにせよ、この研修に参加したのはたまたまで、ベトナムに出会ったのもたまたま。ベトナムじゃなければいけない理由はなかったかもしれません。でも、「たまたまの出会い」を大切に、調査対象や自分に向き合ってきたこの約9か月間は、それぞれにかけがえのないものになったんじゃないだろうか…。そんな風に思わせてくれた報告会でした。

この研修のために大学内外問わず、多くの方にご理解とご協力をいただきました。この場を借りて心から御礼申し上げます。ありがとうございました。Cảm ơn rất nhiều!

From Hem

手づくりのあたたかさ

p_20161203_134649

いいお天気だった先週の土曜日、めずらしく中目黒へ。レンタルスペースさくら中目黒で開催されていた『Shuk Tokyo』という催しに行ってきました。衣類や雑貨を販売する多様なお店が集まったマーケットイベントで、実は、私のこのサイトのシンボルにもなっているベトナムコーヒーのイラストを描いてくださったokkoyokkoさんが出店されていました!(素敵なイラストについては、以前書いたこちらの記事をご参照くださいませ)

p_20161203_134802

素敵なイラストを描いていらっしゃる傍ら、タイで出会った布を使って心のこもった可愛い雑貨の製作をされている多彩なokkoyokkoさん。冬の間は主に「イランのおばあちゃんの手編みくつ下」を販売されているということで、インスタグラムに投稿される写真を拝見して前々からとっても気になっていました。この日は久しぶりの再会を喜びながら、そのくつ下たちをたくさん手に取らせていただきました。複数の職人さんによる手編みのため、ひとつひとつのくつ下の柄も編み方も多種多様で、楽しい目移りをしてしまいましたが、柄に一目惚れしてサイズもぴったりだったこちらのくつ下を購入しました(写真右)。

img_20161207_153207

okkoyokkoさんのお話から、イランのことに思いを馳せ、手作りの大変さと尊さを感じた時間でした。そして何よりokkoyokkoさんご自身がこのくつ下と作り手の皆さんを愛していらっしゃるのが伝わってきてうれしくなりました。履いてみると足がとってもあたたかくて、寒い日々の家仕事に欠かせないアイテムになりそうです。

そしてお隣のブースで出品されていたkasaneさんの、米袋バッグにも一目惚れ(写真右)。取っ手部分に好きな布を選べて、結ぶ間にいろいろなお話もさせていただきました。思っているよりもずっとずっと丈夫らしく、しかも使えば使うほど味のあるシワが刻まれていくそう。

いろいろな人の想いがたくさん詰まったふたつの作品、大切に、たくさん、使っていこうと思います。

From Hem

ベトナム研修報告会 – 12/16

9月に2週間のホーチミン研修をご一緒した、法政大学キャリアデザイン学部2年生10名による学内報告会が、12月16日(金)の昼休みに開催されます。学生さんによる可愛いチラシが出来上がりましたので、この場を借りてシェアさせていただきます。

5289635719216

メンバーは鋭意準備中です。どんな報告会になるか、私も楽しみにしていま

From Hem