9/4 研修4日目~友人との再会~

研修グループがホーチミンにやって来てから初めての、終日ほぼフリーな日。学生さんたちが自分の調査テーマに基づいてそれぞれの活動をする。私は午前にひとり、午後にひとり、ホーチミンに住むベトナム人の友人に会った。どちらも学生さんの調査に協力してくれる人だった。

・午前、Hちゃん。彼女のことは一度このブログでも紹介したことがある(こちら)。一年間の東京留学を終え、今年3月末にホーチミンに戻った。その後もメールのやりとりを続けていたのでお互いの近況はなんとなく知っていたし、久しぶりとはいえ半年しか間が空いてなかったのに、顔を合わせた瞬間に泣きそうになった。彼女が元気でいることが嬉しかった。学生さんのヒアリングにも、とても真摯に丁寧に答えてくれた。

・Hちゃんは私よりも少し年下だ。ベトナム語の慣習から言えば「Chị」と「Em」の関係だが、出会った頃から彼女は私を「Yukiちゃん」と呼び、私も彼女をやはり「ちゃん」付けで呼ぶ。思えば一度も本来の二人称を使ったことがない。彼女が日本語を話すというのも大きく影響しているだろうけれど、そういう友人は珍しい。

・ヒアリングを終え、Hちゃんとお母さんが用意してくれたお昼ご飯をいただく。ベトナム料理は何を食べても本当に美味しいけれど、「おうちのごはんが一番美味しい」と再確認。Hちゃんの口癖は「遠慮しないでもっと食べて」。もはや遠慮をする仲でもないのだが、彼女はお客さんが自然な様子で寛いで、たくさん食べてくれることがとても嬉しいらしい。「Cứ tự nhiên」(自然にしてね)というフレーズはお宅訪問のたびに耳にするが、Hちゃん以上に使う人は私の周りにはいない。

p_20160904_115126

・ところで私は動物が全般的に苦手である。Hちゃんちに犬がいることをすっかり忘れていたが、この日はHちゃんとの再会の喜びもあり犬への苦手意識を若干克服した。「Ngồi xuống!」 (座れ)、「Bắt tay!」(お手)などの日本語でも発したことのほとんどない指令をベトナム語で出した。犬にはちゃんと伝わった、ような気がする。「Sủa」(吠える)という新しい単語も学んだ。

p_20160904_112224

・午後、Jさん。英語、日本語、フランス語、中国語に長け、人とのコミュニケーションが好きだというご自身の特性を活かし、長年この地で旅行会社を営んでいる。Jさんとは2009年に私がこの地に暮らし始めたときからのお付き合い。最初は仕事を通じての出会いだったが(シェラトンホテルの高級感溢れるロビーに呼び出され打ち合わせをした時の緊張感をよく覚えている)、その後はプライベートでの交流が続くようになった。

・ガイドとしての仕事に従事しているときのJさんは、あまりぐいぐいとお客さんを引っ張ることはせず、とてもさりげなく丁寧な気配りを見せる。正装なのに、トレードマークにいつも麦わら帽子を携える。一度その不思議を尋ねたことがあったが、「麦わら帽子を持っていればお客さんは私のことが印象づくでしょう、自由行動後の再集合のときに私を見つけやすくなります」と仰っていた。プロとしてのその姿勢が強く印象に残っている。

・この日は仕事モードではなく、休日の、ゆったり過ごしている合間に時間を作ってくれた。プライベートモードのJさんはとても気さくな、ユーモアに満ちたおじ様だ。「J節」とでも呼べるようなジョークも格言もバンバン炸裂。でも決して押しつけがましい感じじゃないから、聞いているこっちもとてもリラックスできる。海パンのような派手な半ズボンを履いていた。「いつもこうじゃないですからね~!」と学生さんに言い訳しているJさんが、なんだか可愛らしかった。

・Jさんは私のことを日本語では「Kimuraさん」と呼び、ベトナム語では「bạn」(同年代の相手に使う二人称)と呼ぶ。40代半ばのJさんは、私にとっては「Chú」(おじさんにあたる二人称)または「anh」(お兄さんにあたる二人称)が妥当で、私は親しみを込めて「anh」と呼んでいる。彼にとっての私も同様に「con」(娘にあたる二人称)か「em」(妹にあたる二人称)が使われるのが通例だと思うのだが、彼は決して私をそうは呼ばない。「Kimuraさんは私の友達ですから」と幾度となく言ってくれるその笑顔に、私がどれだけ感謝の気持ちを覚えているか、彼には伝わっているだろうか。

本来の二人称を使わない特別な友人たちとの再会。だから私はまたこの地を訪れたい。

ちなみにこの日は、Jさんのおすすめのカフェが店を畳んでしまっていたために急きょその近くのマクドナルドで会うことになった。注文したアメリカンコーヒーは日本のコンビニで売られている百円コーヒーのような味だった。もちろんこれはこれで嫌いではないが、この地ではカフェスアダーを飲んでいたい。

From Hem

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です