A O Showのこと

数年前まで関わっていて、今でも大好きな、A O Showのことを、あらためて。

ホーチミン暮らしの終盤、A O Show(アー・オー・ショー)という公演のスタッフとして仕事をしていた時期がありました。現在もなおホーチミン市1区の市民劇場(オペラハウス)で上演が続く作品です。

監督は、かつてシルクドソレイユにも参加していたトゥアン・レー。子どものころからドイツに暮らし西洋の舞台芸術に触れてきた彼は、自身はジャグラーとして活躍、シルクドソレイユのメンバーとして世界各地を回ったのち、故郷であるベトナムに戻ることを決意したそうです。ベトナムのサーカス業界や舞台芸術を盛り上げるべく、ハノイで第一弾となる「Lang Toi – My Village」という作品を製作。その後ホーチミンで第二弾となる姉妹作品、「A O Show」を製作しました。

「A O Show」はベトナム南部の暮らしがモチーフとなっていて、穏やかな農村の情景と変わりゆく都市の様子とが、サーカス、アクロバット、演劇、ダンスなどのさまざまな要素によって、時にシリアスに時にコミカルに描かれます。演者は全員ベトナム人の若者でその出自は様々なのですが、全員に共通する身体能力の高さには心底驚かされます。台詞に代わって音楽が作品を彩りますが、約20種類のベトナムの伝統楽器を5名のミュージシャンが巧みに操り、生演奏による素朴で独特な音色は、作品に必要不可欠な魅力となっています。

私は元々このショーを鑑賞してファンになっていました。「こんなショー見たことない!すごい!」と大興奮し、隣に座っていた台湾人の女の子と感動を伝え合った日のことをよく覚えています。その後たまたま知り合いからご紹介をいただき、ショーの製作会社に日本人スタッフとして勤務をはじめ、日本語媒体に向けて広報を行ったり、やって来てくださった日本人のお客様へのサポートを行ったりしていました。日本への帰国を機に辞めてしまいましたが、その後もかつての同僚たちとはやりとりを続けていて、今年9月の渡航時には久々の再会を果たせました。9月に公演していた第三弾作品、ベトナムの少数民族の暮らしをテーマとした「Teh Dar」も鑑賞することができました。以下の写真はそのときのものです。

aoshow

1480409306957

ベトナムの舞台芸術を盛り上げたい、ベトナム独自の良さをより多くの外国人に知ってほしいというトゥアン・レー監督や出演者たち、製作会社のスタッフたちのことを、今でも日本から応援し続けています。

*****

・A O Showの公式サイト(英語)はこちら

・A O Showについて紹介したベトナム紹介サイト「べとまる」さん(日本語)はこちら。かつて私が勤務していた時期に、監督、演者、ミュージシャンへのインタビューを行ってくださいました。

*****

From Hem

“A O Showのこと” への2件の返信

  1. AO showってHCMに行くたびに気になっていたんですが、誰に聞いても知らないというので見に行く機会を逃していました。今度見に行けたらいいなあ。

  2. Chao anh Sakamaki. そうだったのですね~!ぜひぜひ、ご鑑賞ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です