筆者について

木村友紀/きむらゆき 

ベトナム語通訳・翻訳者、語学講師

1985年、埼玉県生まれ。法政大学文学部哲学科卒。2005年にNPO法人ARBAの主催するツアーに参加し、初めての外国=ベトナムに渡航。以来ベトナムの魅力とその渦に吸い込まれ、2009年よりホーチミンに語学留学。路地(ヘム)のアパートに暮らしながら人文社会科学大学でベトナム語を学び、同時に日本語教育やベトナム語通訳・翻訳、母校のベトナム研修コーディネートなど、複数の仕事にたずさわる。2014年に帰国し、現在は東京や埼玉を拠点にフリーランスのベトナム語通訳・翻訳者、語学講師として活動中。ベトナム関連のイベントもときどき企画。三度の飯よりカフェスアダー。

214322

kotonoi は「言の意」として名づけました。
これからもベトナム語の発するその意味に丁寧に向き合っていくことができたらと思っています。

★通訳・翻訳実績等はこちら

★2016年2月以前のブログ「ヘム日記」はこちら

★Instagramはじめました。こちら