今日のベトナム語~男の子と女の子

先日、ベトナム人の同僚と家族にまつわるあれこれを話していたときに、教えてもらった表現。

“Có nếp có tẻ”

(コー) は「ある、いる、持つ」、nếp (ネッ)または gạo nếp(ガオネッ)は「もち米」、tẻ(テー)または gạo tẻ(ガオテー) は「うるち米」を意味する単語で、直訳すると「もち米があり、うるち米もある」。

これは「息子と娘がひとりずついる」ことを表していて、その同僚いわく、ベトナム人にとっては理想とされる家族構成とのこと。con trai(コンチャーイ)「息子」や con gái(コンガーイ)「娘」という単語があるのに、あえてお米で表しちゃうのが面白い。Lさんありがとう、勉強になりました。

From Hem

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください