「MIU404」第5話感想~ベトナム語への真摯な姿勢

私はテレビドラマが大好きで、毎期けっこうな数を観ています。これは私にとって本来リラックスできる、自宅での大切な余暇時間なのですが… 7月24日(金)に放送されたTBSドラマ「MIU404 機動捜査隊」の第5話は、胸が締め付けられる思いで視聴することになりました。以下にはその感想を綴っていますが、ネタバレを含みます。そして長いです。あらかじめご了承ください…!

 

■ 丁寧に描かれた外国人問題

テーマは日本に暮らす外国人労働者の問題。ベトナム人女性マイが重要な役どころを担っていて、演じたフォンチーさんもベトナム人俳優の方でした(日本生まれ日本育ちで、本来は日本語がとても堪能な方みたいです)。近年、日本のドラマ、特に刑事ドラマでこうした外国人労働者問題が取り上げられることは増えてきましたが、今回の「MIU404」ほどこの問題に深く切り込んだ作品はなかったのではないかと感じました。

技能実習生の失踪問題(5年間で延べ2万6000人の失踪者という数字も登場)や、送り出し機関と監理団体の黒い関係。「留学生」という名の出稼ぎ労働者たちと、彼らが本来働ける週28時間の壁を超え、ダブルワークやトリプルワークをしているという実態。もちろん、素晴らしい雇い主や良い労働環境に恵まれた技能実習生も、熱心に勉学に励んでいる留学生の方もたくさんいます。しかしながら、劣悪な環境から逃げずにはいられない、来日前に背負った借金の返済のために過重に働かなければならない、こうした困難な状況に置かれた外国人たちがいるのは事実であり、そんな彼らに気づかずにいるか、気づいても目を瞑ってしまう私たち日本人がいるのもまた事実です。

私はこれまでの仕事の中で、実際に失踪し、身を潜めるように生きてきた技能実習生たちに出会い、通訳という立場で彼らの話を聞いてきました。もちろんドラマですから、良くも悪くも多少の誇張はあると思いますが、今回の物語の中には、細部にわたって現実の問題が十分に反映されていて、私にとっては決して他人事にはできない内容でした。最後に特定技能に触れられていたのも良かったです。

ドラマのレビューについては、PlusParaviに掲載されたこちらの記事が素晴らしかったので、ご参考までに。

 

■ ベトナム語への真摯な姿勢

ところで、今回の「MIU404」が素晴らしかったのにはもう一つの側面があります。それはベトナム語に対する、製作陣のみなさんの真摯な姿勢でした。私はテレビの前で心底感激しました。特にベトナムが舞台になっているわけではない作品で、こんなにもベトナム語が丁寧に扱われ、物語の重要なパーツとなっているドラマを、少なくとも私は見たことがありませんでした。

例えばマイや志摩(星野源さん)が発する「タイサオ」という単語。こちらは Tại sao?「なぜ?」という意味のベトナム語で、物語のさまざまな場面で、時に軽妙に、時に重い意味を帯びて登場しました。

他にもベトナムでは「3」が不吉な数字であり、「9」がラッキーナンバーであること。ドラマ内でその理由までは説明されませんでしたが、一説によれば、「三」(漢越語 tam/タム)は「惨」(漢越語 thảm/ターム)を連想するため、「九」(漢越語 cửu/クー)は「久」(cửu)と同じ単語であるためと言われています。ちなみに漢越語とは漢字由来のベトナム語。現在、数字は主に純越語=漢字に由来せずベトナム語として元々存在する単語が使われており、3=ba(バー)、9=chín(チン)と言います。ベトナムビールの333(バーバーバー)は足して9となり、ラッキーナンバーを商品名にしているのです(こちらの記事も参照させていただきました)。

そういえば、これも言語のことではありませんが、マイとその同居人の履歴書?を調べているときに、それぞれの出身地が北部の Hải Dương(ハーイズオン)と南部の Bến Tre(ベンチェー)であったことも、妙にリアリティがあって、製作陣のみなさんが入念な調査をされていることがうかがえます。

 

そんななかでも秀逸だったのは、犯人の水森(渡辺大知さん)がSNSを通し、コンビニ強盗を呼び掛けるフレーズ。

*****

Dùng bất công bình trả lại bất công bình. 

「理不尽には理不尽で返せ」

Chúng ta có quyền cướp số tiền đó. 

「俺たちには金を奪う権利がある」

*****

劇中で指摘されていたように、「理不尽」という単語は本来 bất công(漢越語で「不公」/バッコン)であるところ、我流でベトナム語を学んだという水森はこれを bất công bình(バッコンビン)と誤って書き、犯人はネイティブではない?→日本人?という推理につながります。

bất công bình は存在しない単語ですが、あえて漢字に置き換えると「不公平」。日本語とベトナム語に共通する漢字という概念をヒントに、逆算するようにベトナム語を検討するのは、日本人学習者に特有の発想と言ってもいいでしょう(私も時々やります)。そんな「ナチュラルな間違い」を入れてきたところに、本作の脚本が非常によく練られていることを感じました。さすが野木亜紀子さん(以前から大好きです)。神は細部に宿るとはこういうことだと思いました。

 

最後に、これは私の勝手な印象ですが。水森を演じた俳優の渡辺大知さん、ベトナム語の台詞をものすごくたくさん練習されたんじゃないかと思います。ベトナム語は発音が複雑な言語。何と言いますか、「音のストライクゾーン」がとにかく狭くて、ルール通りに発音をしないとなかなか通じません。ドラマの終盤、水森が日本語とベトナム語を交互に叫ぶシーンでは、涙を流しながらも、あんなに大声を出しながらも、きちんと聞こえるベトナム語でした。それはとてつもなく悲しい台詞だったけれど。

*****

Người nước ngoài đừng đến Nhật! 

「外国人は日本に来るな!」

Không được đến Nhật!

「日本に来ちゃいけない!」

*****

他のドラマでベトナム語がぞんざいに扱われるのを見て悲しくなったことがある身としては、水森の悲痛な叫びにこんなにも胸が苦しくなったのは、物語の運びや現実とのリンクはもちろんのこと、渡辺大知さんの演技とそのベトナム語によるところが大きかったです。

 

ドラマでベトナム語ができる限り自然な形で物語の一部となっていたことは、それだけ多くのベトナム人が現実に日本に住んでいるという背景があるからこそ。日本のドラマが、メディアが、外国語に真摯に向き合うということ、それはつまり、外国人をこの社会の一員して受け入れることと同義と言えるのではないかと、視聴しながら考えていました。私たちがベトナム語を学び、知る意味もここにあると思います。外国語を知ることは、その国の人を、目の前の相手を知ることだと信じています。

「MIU404」第5話は7月31日(金)までTVerにて見逃し配信中。ぜひベトナム語にも注目してご覧ください。良い作品を拝見できて本当に嬉しかったです。

From Hem

美しさの再構築

本サイトの「勝手に翻訳シリーズ」では趣味で翻訳したものを掲載しています。

最近こうした翻訳作業を通して再認識したこと、それは、翻訳という作業は(特に自分から作品を選んで行う翻訳は)原文に感じた美しさを別の言語で再構築することなのではないか、ということでした。少し前、インスタにも投稿していた内容ですが、あらためてここに掲載してみます。

*****

【そのときは彼によろしく】

nếu…〔ネウ〕もし〜なら
gặp〔ガッ〕会う
người ấy〔ングオイ〕その人
cho tôi + V〔チョートイ〕私に〜させてください
gửi〔グーイ〕送る
lời〔ローイ〕言葉
chào〔チャオ〕あいさつする
*gửi lời chào で「あいさつの言葉を送る」→「よろしく伝える」

美しい日本語が、美しいベトナム語に(その逆も然り)訳されているのを見るときほど、言語を勉強してよかったなぁと思うことはありません。ここでの「美しさ」は極めて主観的な感覚なのですが…

市川拓司著「そのときは彼によろしく」。長澤まさみさんと山田孝之さんで映画化もされましたね。私はこの「そのときは彼によろしく」という日本語タイトルの語感がとても好きだったのですが、ある日ホーチミンの書店でそのベトナム語訳(写真右)を発見したとき、ベトナム語になっても、かつて感じた「美しさ」がそのまま維持されていることに、静かに感動したのを覚えています。

直訳は「もしその人に会ったら、私からよろしくと伝えて」という感じでしょうか。訳者さんの言葉選びの素晴らしさを感じます。

*****

これからも自分にできることを精一杯やっていこうと思います。

From Hem

あらためて発音の話

ベトナム語は発音が難しい。

これはベトナム語を学習した人ならだれもが感じる悩みでしょう。日々のレッスン中にも発音に関するいろいろな質問をいただいて、私自身も発音の習得についてあらためて考えるところがあり、一体発音の何がどう難しいのか、この機会に整理してみたいと思いました。自分のメモ的内容なので、経験者のみなさんにとっては「もう知ってるよ~」ということかりだと思いますが、「そうなんだよな~わかるよ~」とあたたかい目でご覧いただければ幸いです。

*****

ベトナム語の発音には3つの要素「母音」「子音」「声調」が含まれます。「声調」は日本語にはない概念ですし、「母音」「子音」は日本語のそれとはずいぶん音が異なります。そしてベトナム語の発音が私たちを悩ませるのは、この3つの要素が1つの語の中に同時に発生するからと言えます

「終わる、終了する」を意味する kết thúc(ケットゥッ)という熟語を例に具体的に見てみましょう。これは〈結束〉という漢越語(漢字由来のベトナム語)で、二字熟語として使います。ちょうど先日、とある生徒様から「なかなか通じないんです」とご相談を受けた語でした。

kết thúc

●まずは kết をご覧ください。k=頭子音、ê=母音、t=末子音の3文字が連なって1語となり、この1語に対してdấu sắc(ザウ ザッ/鋭く上がる声調)がついている構成です。

●子音 k は後ろの母音 ê と結びついて「ケ」と読みます。ê という母音は e の上に三角帽子の記号がついていて、口をあまり開けずに発音します。最後の t は「ット」の「ト」を発する直前で止めます。これに鋭く上がる声調をつけて「ケッ(ト)」と読みます。「ケッ!何さ!」と文句を言うときの「ケッ!」と似ています。(言わない?)

●続いて thúc をご覧ください。th=頭子音、u=母音、c=末子音の3文字で1語となり、やはり鋭く上がる声調がついています。声調は計6種類ありますが、このように同じ声調が続くのは珍しいことではありません。

子音 th は後ろの母音 u と結びついて「トゥ」と読みます。子音 th が有気音(息をぶわっと吐き出して発する音)のタ行であることと、母音 u が口をぎゅっとすぼめる「ウ」であることを意識するのがポイントです。末尾の c は「ック」の「ク」と発する直前で止めるのですが、-uc がセットになると口に空気を入れて(少し頬を膨らませて)終わるという不思議ルールがあります。語全体に鋭く上がる声調をつけては「トゥッ(ク)」と読み、読み終わるときには頬を膨らんでいる格好です。

 

…と、ここまで長々と書いてみて、本投稿内に音声や動画を掲載できないのが悔やまれるのですが(何か良い方法があれば後日追加します)、「母音」「子音」「声調」の3要素が1語の中で同時発生することをイメージいただけたでしょうか。ベトナム語の発音はつまり、1つの語を読むときに同時に意識しなければならないことが多いのです。もちろん上記は一例です。母音(単母音だけで12コ)・子音(頭子音24コ、末子音8コ)・声調(6コ)にはそれぞれのルールがありますし、上記のようにこれとこれを組み合わせたときはこうなるという特殊ルールもあります。すべてのルールを頭で理解できたとしても、口で実践するのにはまた別の苦労があるでしょう。

 ですが音に対して厳密性を求めるベトナム語、これらを克服しないことには、残念ながらなかなか通じません。そして私はこの音の豊かさこそがベトナム語の美しさだとも感じています。「ルールの見える化」と「効果的な実践方法の確立」、ベトナム語学習に携わる者の端くれとして、他人事にしてはいけない重要課題だと思います。そんな決意の備忘録。

From Hem

昨年受けた二つの試験

昨年の振り返り。今年は新型コロナウイルスの影響で多くの試験が中止・延期されているので、昨年のうちにベトナム語関連の試験を二つ受けておけたのはよかったかな…と思い、記録しておきます。

ひとつは2019年6月に開催された実用ベトナム語技能検定試験

2級に合格することができました。試験は完全マークシート方式ですが、「語彙・文法」「リーディング」「リスニング」の3部門を通して問題量がなかなか多く、スピードが求められました。リスニング問題は1回しか聞けないのも、かなりの緊張感がありました。当日の会場ではずいぶん人が多いなぁと思いましたが、こちらの記事の記事によると、準6級~2級までで703人が参加、初年度(2016年)から倍近く増えていたとのことでびっくり。今年は6月から10月に延期されていますね。

 

もうひとつは10月に開催された司法通訳技能検定試験

この5年ほど仕事で司法通訳に携わっており、昨年は特に司法通訳養成講座も受講していたので、受験してみました。過去には3級に合格していたので、このときは2級に挑戦したのですが、お恥ずかしながら残念な結果に終わってしまいました。

試験内容としては「法律」「語学」「リスニング」の3部門があります。「法律」は日本語のみで問われる選択問題なのですが、刑法だけではなく民法の問題も多く、当然ながら専門的な内容で難しかったです。「語学」は筆記形式で、単語レベル・文章レベルで日→越または越→日の翻訳問題でした。特に文章レベルの問題は、架空の刑事事件・民事事件を題材とし、その事実内容を翻訳しなければならず、高度な専門知識が求められ苦戦してしまいました。最後の「リスニング」も筆記形式で、実際の通訳場面(このときは刑事事件における弁護士接見)が想定され、弁護士の話す日本語をベトナム語で記載し、被疑者の話すベトナム語を日本語で記載しました。音声は1回しか聞けませんでしたが、内容はそこまで複雑ではなく、実際に弁護士接見を経験した人なら解きやすかったのではないかと感じます。

ウェブサイトによれば、今年も予定どおり10月に試験は行われるようですが、私は一旦見送り。引き続き勉強や実践を重ねて精進して、来年以降にまたチャレンジできたらいいなと思っています。

From Hem

通訳の仕事

先日見かけた松ぼっくり。ベトナム語で何と言うかわからず後日友人に聞いたら、Quả thông(クワ―トン)だと教えてくれた。

7月に入ってからというもの、通訳依頼が急増している。お声がけいただけること、お仕事があることのありがたさを感じながら、同時に複雑な気持ちにもなっている。ここで詳しくは書けないけれど、私が主に請け負っている通訳業務は、「困っているベトナムの人々」を対象にしているからだ。どう困っているのかはその人の立場や事情によって全く異なるし、「困り事」を招いてしまった要因はベトナム人当事者にもある。またその背景には、言葉の壁や、日本とベトナムの文化習慣の違い、それによる相互の誤解もあるだろう。一方で、彼らベトナム人を受け入れている側、つまり企業だったり学校だったり、仲介業者だったり個人だったり、ベトナム人を取り巻く日本側にもさまざまな問題があって、そうした問題を要因として「困り事」が起きてしまったケースも少なくなく、とても、やるせない。先日NHKで、日本で重病にかかったり、亡くなってしまったベトナム人技能実習生を取り上げた番組を放送していたのを見て、やるせない気持ちは増大した。

◆NHKスペシャル「夢をつかみにきたけれど ルポ・外国人労働者150万人時代」

私にできることは何だろうかと、そればかりを考えている。少なくとも今の私は、通訳者として彼らに接する機会を得て、対峙している。通訳者ができることは何だろうか。それはいつだって、目の前で展開するベトナム語や日本語を正確に、誠実に訳すことだ。昨日、別の仕事で出会った人から「通訳者として気を付けていることは何ですか?」と質問された。すぐに「ごまかさないことです」と答えていた。もちろん、プロとして気を付けるべきことは、専門知識や技術的なこと、態度的なことなど、他にもたくさんあると思う。でも、たぶん私の根源にある優先すべきことは「ごまかさない」なのだ。人の紡ぐ言葉を大切にしたいという気持ちは、この道に進もうと決めたときから変わらない。何をどう話すのか、あるいは何を話さないのかは、その人自身だと思っている。対話を必要とする両者の人となりが伝わり、相互理解の一助となるような、そんな通訳者でありたい。

今月は、こうした想いをあらためて胸に留める月なのかもしれない。

From Hem