通訳の仕事

先日見かけた松ぼっくり。ベトナム語で何と言うかわからず後日友人に聞いたら、Quả thông(クワ―トン)だと教えてくれた。

7月に入ってからというもの、通訳依頼が急増している。お声がけいただけること、お仕事があることのありがたさを感じながら、同時に複雑な気持ちにもなっている。ここで詳しくは書けないけれど、私が主に請け負っている通訳業務は、「困っているベトナムの人々」を対象にしているからだ。どう困っているのかはその人の立場や事情によって全く異なるし、「困り事」を招いてしまった要因はベトナム人当事者にもある。またその背景には、言葉の壁や、日本とベトナムの文化習慣の違い、それによる相互の誤解もあるだろう。一方で、彼らベトナム人を受け入れている側、つまり企業だったり学校だったり、仲介業者だったり個人だったり、ベトナム人を取り巻く日本側にもさまざまな問題があって、そうした問題を要因として「困り事」が起きてしまったケースも少なくなく、とても、やるせない。先日NHKで、日本で重病にかかったり、亡くなってしまったベトナム人技能実習生を取り上げた番組を放送していたのを見て、やるせない気持ちは増大した。

◆NHKスペシャル「夢をつかみにきたけれど ルポ・外国人労働者150万人時代」

私にできることは何だろうかと、そればかりを考えている。少なくとも今の私は、通訳者として彼らに接する機会を得て、対峙している。通訳者ができることは何だろうか。それはいつだって、目の前で展開するベトナム語や日本語を正確に、誠実に訳すことだ。昨日、別の仕事で出会った人から「通訳者として気を付けていることは何ですか?」と質問された。すぐに「ごまかさないことです」と答えていた。もちろん、プロとして気を付けるべきことは、専門知識や技術的なこと、態度的なことなど、他にもたくさんあると思う。でも、たぶん私の根源にある優先すべきことは「ごまかさない」なのだ。人の紡ぐ言葉を大切にしたいという気持ちは、この道に進もうと決めたときから変わらない。何をどう話すのか、あるいは何を話さないのかは、その人自身だと思っている。対話を必要とする両者の人となりが伝わり、相互理解の一助となるような、そんな通訳者でありたい。

今月は、こうした想いをあらためて胸に留める月なのかもしれない。

From Hem

小学校で授業をしました

6月の終わり、地元の小学校にて、5年生に向けてベトナム紹介の授業をさせていただきました。定期的にお声がけいただく学校で、毎回嬉しく参加しています。

5年生の皆さんは現在「親善大使になろう」という国際理解の授業に取り組んでいて、自分が選んだ国について調べてまとめるのだそうです。普段はクラス別にそれぞれ調べているようですが、この日は3クラス合同で、誰も選んでいなかった(!)というベトナムについて、気候、交通、食べ物、言語のことなどを、クイズ形式でいろいろ紹介しました。45分はあっという間で、何より皆さん元気いっぱいで、おかげでとても楽しく過ごすことができました。

そういえば最初に「私は通訳や翻訳をしていますが、どういうお仕事か知っていますか?」と質問したとき、はい!と手を挙げて説明できる子が何人かいて、すごいなぁと感心してしまいました。私は自分が小学生のとき、通訳や翻訳という単語さえ知らなかったなぁ。

かつて暮らしていた、自分の好きな場所について、こんな風に小学生の皆さんにお話できる機会があるのは本当にありがたいことだと感じます。こういう活動が、時々でも続けていけたらいいなと思います。

From Hem

TOMO x TOMO 外国人と日本人のための情報誌

埼玉県川口市が発行している季刊誌「TOMO x TOMO 外国人と日本人のための情報誌」。以前より日本語、英語、中国語、韓国語が併記されていましたが、今年6月発行の第7号からベトナム語が加わり、翻訳に携わらせていただきました。

外国人住民数が、新宿区、江戸川区に続いて全国第3位の川口市。ベトナム人の割合もこの数年で上位に位置するようになり、こういった対応がとられ始めました。

さまざまな国籍を持つ人が暮らしやすい街となりますように。そんな気持ちを翻訳に込めました。情報を必要としている人たちの手に届くことを願っています。

From Hem

司法通訳技能検定を受けてきました

10月7日(土)に「2017年度・司法通訳技能検定」を受けてきました。一般社団法人日本司法通訳士連合が主催している検定試験で、接見通訳・法廷通訳を想定した内容です。複数の言語が試験対象になっているのですが、今年はベトナム語が登場しており(過去に試験対象になったこともあるそうなのですが、今年は久しぶりに再登場したようです)、ただでさえ希少なベトナム語の試験を受けてみたかったのと、私自身普段のお仕事で接見通訳にたずさわっているという関連性もあり、3・4級に初挑戦してきました。ちなみに同じ級での受験者は全言語あわせて40名ほどいて、うち7名がベトナム語でした(多さに驚きです)。

試験は、法律問題が90分、言語問題が60分、リスニング問題が60分という三部構成でした。法律問題は法律の知識を問うものでオール日本語でしたが、言語問題は法律用語や刑事事件に関する短い文章の翻訳問題で、私の場合は日本語⇔ベトナム語の双方向を行いました。リスニング問題は非常に実務的で、接見室での弁護士(日本語)と被疑者(私の場合はベトナム語)の一連のやりとりを一文ずつ交互に聞き、その場で通訳をするようなイメージで日本語はベトナム語へ、ベトナム語は日本語へと翻訳して書き取るものでした(全50問)。同じ部屋で英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語などの方々も同時受験していたため、それぞれヘッドフォンを装着して受験しました。法律の専門家ではない私にとっては最初の法律問題が本当に難しくて、なかなか正解を選べなかったように思います。翻訳問題とリスニング問題もとても簡単とは言えず、結果はどうなることやら…です。

それでも、結果にかかわらず、こうして時々ベトナム語関連の試験を受けられるのは、自分のスキルを振り返る非常に良い機会となります。そしてその度にまだまだだ…と反省することになるのですが、それをこれからのモチベーションへとつなげて、引き続き精進していけたらと思っています。

From Hem

大学で授業をさせていただきました

先日、都内の某大学にて、まもなくハノイでのインターシップへと出発する大学生3名の方々に向けて、ベトナム語の授業をやらせていただきました。このインターンシップのコーディネーターさんと以前から知り合いで、そのご縁でご紹介いただきました。

2週間のハノイ滞在中、インターンシップ先では主に日本語や英語を使用するという学生の皆さんですが、「ベトナム語がどんな言語かを知ってほしい」「たとえ通じなくても、ベトナム語を使って現地の人たちに話をしてほしい」というコーディネーターさんの願いに賛同し、授業は、①ベトナム語の基礎知識(本サイトの一項目「ベトナム語を知る10のこと」に似た内容です)、②ベトナム語の簡単な挨拶やフレーズ(こんにちは、ありがとう、また会いましょう、私は…です、など)の二部構成で行いました。わずか60分、一回限りの授業でしたので、伝えられる内容に限りはありましたが、学生の皆さんは初めて見る・聞くベトナム語に悪戦苦闘しながらも、するするとたくさん吸収してくれました。初めてとは思えないくらいに発音がお上手で、びっくり。

(写真は授業で配布したプリントの一部)

相手の国を訪問するとき、その国の言語を少しでも知ってから行く。知ることのできた内容がほんの少しでも、それらを思うように使えなくても、通じなくても、知らないよりは知っていたほうがずっといい。それは一つのマナーのようなものではないかと感じますし、そして、その姿勢というものは必ず相手にわかってもらえるものであり、相手が喜んでくれるものだと私は信じています。

学生の皆さんのインターンシップが充実したものとなるように、陰ながら願っています。コーディネーターのMさん、素敵なご縁と貴重な機会をありがとうございました!

From Hem