今日のベトナム語~水を飲んで源を思い出す

ベトナム語のことわざに、Uống nước nhớ nguồn.(ウオン・ヌォック・ニョー・グォン)というものがあります。私はこれがとても好きで、以前より心に留めていたのですが、最近強烈に思い出すきっかけがあり、そのことを以下に綴ってみます。ことわざの意味も後述。

皆様は『重版出来』というドラマをご存知でしょうか。私はこのドラマが大好きで、2016年の放送時は毎週泣きながら見ていました。出版社を舞台に、漫画雑誌の新人編集者を主人公としたお仕事ドラマなのですが、漫画家、編集者、営業、書店員、漫画家のアシスタント、装丁作家…と、漫画作品にたずさわるさまざまな立場の人に毎回スポットが当たって、一冊の漫画が読者の手に届くまでの長く険しくも、尊い過程が丁寧に描かれています。私は出版業界にいるわけじゃないけれど、言葉や書物にかかわる端くれとして、社会のなかで生きている人間として、共感できたり励まされたりするポイントがたくさんあって、本当に素敵なお話だと感じながら楽しく視聴していました。副編集長役のオダギリジョーさんがたまらなく格好良かったというのも、こっそり書いておきます。

そんな『重版出来』が、最近アマゾンプライムビデオのドラマリストのなかに登場していることに気づき、プライム会員の私は歓喜! 毎日一話ずつ見返しては、内容を知っているにもかかわらず再び涙を流す…そんなハッピーな今日この頃なのですが、最終話で重鎮の三蔵山先生が、弟子で新人漫画家の中田君に語った台詞を聞いて、不意に上述のことわざを思い出したのです。三蔵山先生は、奥様が中田君のために作って差し出したおにぎりを前にこんな話をします。

「ねえ中田君、このおにぎりを一個作るのに、どれだけの水が使われているか知っていますか? 米作りから考えると、270リットルもの水が必要です。それをバーチャルウォーターと呼ぶそうです。最近ネットで知りました。その水にほとんどの人が気づかない。ですが見えない水を想像したほうが世界は広がる。私もまだまだ知らないことだらけです。中田君。君が思っているよりずっと、世界は広いよ」(ドラマ『重版出来』最終話より)

これはまさに Uống nước nhớ nguồn. のことじゃないかと。言いたい内容も比喩で水を使っている点も同じで、私の好きなベトナム語の一文が、これまた好きな物語にリンクしてさらに感動するという。その結果、こうしてやや興奮気味にブログを書いています。

ことわざの意味を見てみます。Uống は動詞「飲む」、nước は名詞「水」、nhớ は動詞「思い出す」、nguồn は名詞「源」(ここでは「水源」のことかと思います)。つまりこの一文は「水を飲んで源を思い出す」と訳すことができて、「自分が今手にしているモノ・コト(例:飲み水)にはすべてルーツ(例:水源)があり、手に届くまでには多くの人がかかわった長い道のりがあって、そのことに想いを馳せよう、恩恵を知ろう」という意味になります(ベトナム語辞典を頼りにしながらの解説です)。先のバーチャルウォーターのお話はこれとよく重なっていて、『重版出来』という物語が全体を通して言いたいことが詰まっているような、最終話にふさわしいエピソードだと感じた次第でした。

私はつい調子に乗って、今ある自分の状況を、得ることのできた経験を、自分自身の力で何でも獲得したような気持ちになってしまうことがあります。そんなことのないように日々戒めているつもりでも、ふとした瞬間にニョキッと現れる思い上がった嫌な自分がいて、恥ずかしくなったり情けなくなったり…。きっとこれからもその繰り返しなのだとは思うのですが、その度に自分に言い聞かせたい言葉として、先のことわざを覚えていたのでした。自分ひとりでできることなんて何もなく、多くの誰かの時間と労力と思いのおかげで私は今ここに生きている。水を飲むたびに水源を思い出せるような、いつでもそんな心を持った自分でありたいと、大好きなドラマを見ながら再び思いました。

もしも『重版出来』を見られる環境の方がいらっしゃったら、ぜひチェックしてみてください。そのときにふと、このことわざも思い出していただけたら嬉しいです。

From Hem

今日のベトナム語~ものもらい

 

右目にものもらいができてしまいました。初めてではないですが、前回患ったときの記憶がないので、かなり久しぶりです。小さな粒が出現、というよりは、まぶた全体が腫れていて、まるで泣きはらした夜の翌朝か、誰かに殴られたかのような様相。ただでさえ小さな目がさらに小さくなり、鏡を見るたびにため息をつきながら、目薬をさす今日この頃…。眼科の先生曰く、暑さで人間の免疫力が低下する一方、バイ菌たちは元気になるこの時期、ものもらいの患者さんはとても多いのだとか。皆さんもお気をつけくださいませ…。

とはいえ、日頃起こらないことが起こるときは、新しい単語を覚えるチャンスと、前向きに捉えることにしています(笑)というわけで、「ものもらい」。知らなったので調べてみると、名詞で lẹo(レオ)とありました。例文としては、以下のような感じでしょうか。ネット上の情報から少々アレンジして引用します。

Mắt tôi bị lên lẹo đã một tuần mà chưa khỏi.(私の目にものもらいができて1週間が経つが、まだ治らない)

ところで、ちょっと検索してみると、lẹo 以外に chắp(チャップ:「プ」はほとんど読まない)という単語もあるらしい。これらがイコールになっている辞書もありましたが、調べてみると医学用語としては区別され、lẹo=「麦粒腫」、chắp=「霰粒腫」のようです。さて、今度は日本語が難しいぞ… ということで、こうして一つの単語をめぐる言葉の調査は続いていきます。私の母語である日本語の理解がないことには、ちゃんと訳すことはできないのだからと、自分を戒めながら。

早く右目の腫れがひくことを願いながら、こうして出会えた新しい単語を今日もまた、頭の片隅にとどめています。

【単語メモ】

mắt(マッ):目

bị lên lẹo(ビ・レン・レオ):ものもらい(麦粒腫)ができてしまう → bị (漢字は【被】)は受動態を作るために動詞の前に置き、ネガティブな受動を表す(ポジティブな受動は được を使用)。lên は動詞で「上がる」、この場合は目に lẹoものもらい)が「出現する、登場する」という意味で使われている様子。

*文 + đã(ダ~)+ 期間:この形で「(文)をしてから(期間)が経過する」の意。

một tuần(モッ・トゥアン):一週間

chưa khỏi(チュア・コ~イ):まだ治らない → chưa+動詞で「まだ~でない」という未完了の表現。 動詞 khỏi は「治る」。

From Hem

今日のベトナム語~ご出身はどちらですか?

 

昨日、とある通訳のお仕事がありました。詳細は書けないのですが、私は立場的には日本人の方に帯同して、一緒にベトナム人の方に会いにいきました。おふたりは初対面だったので、自己紹介から始めましたが、わりと早い段階で、日本人の方が「あなたのご出身は、ベトナムのどちらですか?」と尋ねました。実は私は、この質問が投げかけられたことがとても嬉しかったのです。主に二つの理由から。

一つは、私自身が知りたかったからです。私はベトナムの方にお会いするときに、「この人はベトナムのどこの出身なんだろう」と、とても気になります。いや、日本人でも何人でも、国籍を問わず、気になるのは私の一種のクセのようなものかもしれませんが、ベトナムの方々に特に尋ねてみたくなるのは、その発音やイントネーション、単語の地域差が、その人が口を開いた途端に顕著だからかもしれません。日本でお会いするベトナムの方は割合的に北部出身の方が多いと感じますが、それゆえ、ホーチミンでいわゆる南部弁を学習した私の発音との差が常々あり、気になってしまうのです。昨日のお相手もハキハキとした北部発音で話す方で、どこから来たのかな…と心の中で気になっていた私。ただ、通訳者という立場上、特に昨日の業務の性質上は、自分から勝手にそれを聞けずにいました。

二つ目は、私の隣にいる日本人の方が、今いる目の前の相手に関心を寄せていることが伝わってきたから。相手の出身地域がわからなくても、仕事上の話はできる状況でした。それでも、そのひとつの質問があったおかげでお相手は笑顔になり、素直にいろいろな話をしてくれました。案の定、ベトナム北部地域のご出身でした。日本人のその方とは、私はこれまで何度か一緒にお仕事をさせていただいているのですが、その過程において、通訳者である私にも、ベトナムという国や人々についてたくさん尋ねてくれる方でした。コミュニケーションの第一歩は、相手に関心を持ち、それを表現すること。そのことを久しぶりに目の当たりにできた、貴重なひとときでした。

「あなたのご出身は、ベトナムのどちらですか?」…このフレーズを私は、Quê của bạn ở đâu? (クエ・クーア・バン・オー・ダウ)と訳しました。直訳は「あなたの故郷はどちらですか?」 出身地について尋ねたいとき、ベトナム語でももちろんいくつかの表現ができるはずですが、私が現地で暮らしてきた経験から「故郷」=quê (クエ)という単語を用いるのが一般的であり、スムーズであるという印象です。このフレーズに私が少しのノスタルジーを感じてしまうのは、この「故郷」という単語を用いた感傷的な歌が、ベトナムには多いからかもしれません。

From Hem

今日のベトナム語~スーツケース

 

愛用していた大きなスーツケースを、先日、思い切って処分しました。ベトナム語でスーツケースは va-ly(ヴァリー)、フランス語の vailse が由来だそうです。

私が一年間のホーチミン留学から一旦戻ってきて、よし今度はしばらく行こうと決めたときに購入したもので、まる七年くらい使っていました。一万円もしない、スーツケースとしてはわりと安いものだったと思うのですが、ずいぶんと丈夫でいてくれて、一緒にいろんな場所を旅しました。前回のベトナム出張のときにあちこちにガタが来ていることに気づいて、それでも壊れるまでは使うぞ~と思っていたのですが、よく考えたら旅の途中に壊れても困るなぁと思い、この度、手離すことにしました。私はあまり物に執着がないようで、いろいろなものを、結構ささっと手離してしまうのですが(いいんだか悪いんだか…)、今回、最後にこのスーツケースを点検していたら、珍しく切ない気持ちになってしまって、あぁ、私にとっての思い出の品なんだなぁと実感しました。「今までありがとう」なんて、物に対してつぶやいたのは、いつぶりだろうか。「買う・使う・いつかは手離す」の過程を、これからはこんな風に大切にやっていきたいなぁと、気持ちを新たにしました。これは今年見直したいことのひとつです。

現状は一年に何度も大きなスーツケースを使う生活をしているわけではないので、新しい物は購入せず、しばらくはすでに持っている、機内持ち込みもできる小さなスーツケースと、小ぶりのバックパックとで代替してみようと思います。ケースのキャパが元々小さければ、あまり持って行かない・あまり買わない、という旅ができそうな気がして。大きな荷物を持っての旅は、移動や空港での手続きなんかがそれなりに億劫で、不格好で、今回手離したのは、旅がもっと身軽に気軽になればいいなという想いもあったからでした。荷物にとらわれすぎずに済む旅を、今年はたくさんできたらいいな。これも今年、私がやりたいことのひとつです。

From Hem

今日のベトナム語~血流

12月から何かと体調が悪く、その原因は「血行不良」だろうと言われていたため、「血行」とか「血のめぐり」というワードに敏感な今日この頃。先日ふらり立ち寄った書店で偶然にもこんな本を見つけ、パラパラと立ち読みした後に思わず購入してしまいました。我ながら単純ですが、こんな時でないと手に取らなかったかも…。

堀江昭佳(2016)「血流がすべて解決する」

内容は割愛するとして、あたたかみのある装丁の表紙を眺めていてふと、「『血』はmáu だけど、『血流』って何て言うんだろう?」という疑問が。パッと出てこなかったので調べてみたところ、“lưu thông máu”(ルー・トン・マウ)が有力候補でした。lưu thông が漢字由来の【流通】で「流通する、流れる」という意味の動詞、máu が「血」という名詞です。

このlưu thông という単語 、愛用している川本邦衛先生の「詳解ベトナム語辞典」を参照すると、「流通する、流通させる. tiền tệ lưu thông 流通貨幣.  lưu thông hàng hoa 流通経済.」 とあり、これだけだと血液について使えるものなのかどうか定かではなかったのですが、同じくよく利用する「Tra từ(チャー・トゥ)」というオンライン辞書の「越越」(Việt – Việt)の項目を見ると、こんな例文があったので、どうやらOKのようです。

Vận động cơ thể cho máu dễ lưu thông. 「身体の運動は血を流れやすくする」(拙訳)

他にも例文があり、交通について使うこともできる単語であると確認できました。ちなみにこのサイト、「越日」(Việt – Nhật)「日越」(Nhật – Việt)「越英」(Việt – Anh)「英越」(Anh – Việt)「越越」(Việt – Việt)など、いろいろな言語間での検索が可能です(他にも中・韓・仏に対応)。「越日」であれば上述した「紹介ベトナム語辞典」で対応できることが多いのですが、逆の方向性である「日越」や、それでは意味が判別しづらい場合に最終手段として使う「越越」などを検索する際に非常に重宝しています。

最後に「lưu thông máu」というフレーズでGoogle検索をかけてみると、多くのサイトがヒット!内容も血流に関係するものばかりだったので、やはりこの単語でOKかなと安心しました。「日越」の方向で単語を調べたいときは、こんな風に複数の辞書と確認の方法を使って判断をするようにしています。それでもうまくいかないとき、判断が難しいときは、ベトナム人の友人たちに聞いて回るのです(^^;

From Hem