ベトナム書道の写真から

先日、今年3月まで正社員として勤務していた会社にて「ベトナムを知るセミナー」が開催され、講師役を務める機会をいただきました。これからベトナムに赴任予定の方、出張で定期的に訪れている方などを対象に、主に私が暮らしていたホーチミンを主な例にとりながら、気候のこと、交通のこと、食文化、買い物事情、そして日々のなかで大切にしたいベトナム語表現など、暮らし全般についてのお話をしました。短い時間で多くの話題を詰め込んでしまったなぁという反省点はありますが、参加者の皆さんが熱心に聞いてくださり、活発な意見交換の場となったことを嬉しく思いました。

そのセミナーの冒頭にご紹介したのが、この写真。2014年1月のテト(旧正月)の時期に、ホーチミン市内の路上で撮ったベトナム書道の写真なのですが、自分でもとても気に入っています。気に入っているのは、この一枚に、ベトナムやベトナム語を知るきっかけとなる要素が詰まっているように思えるから。

中国の影響を多分に受け、書道文化が根付いていること。ベトナム語がアルファベット化した今でもこうして、世界でも稀少なアルファベットの書道として成立していること。共産党の垂れ幕を連想させる、赤地に黄文字のカラフルな表現もあること…。大国の思惑に翻弄されながら、強くたくましく、形を変えながらも自分たちの独自性としてその文化を残してきたベトナムという国と、その中で生まれ育ってきたベトナム語を感じることができる、そんな写真じゃないかなと思うのです。

ちなみに赤地に黄文字の作品には、”Chúc Tết đến trăm điều như ý.” 「テトが来たことを祝い、あらゆることが思い通りにいきますように」と書かれています。テトの時期には公園や路上に書家さんが集い、こうした作品を販売したり、道行くお客さんのリクエストに応えて新年の抱負を書いたりします。テトの風物詩でもあるその様子は、私の大好きな一場面でした。

From Hem

 

But I’m okay now.

「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」

映画『魔女の宅急便』のキャッチコピーである糸井重里さんのこの一文が、私は昔からとても好きでした。映画の内容に本当にマッチしているし、自分自身の気分が塞いでしまったり、悲しいことがあったとき、いつでも自然と思い出せる言葉でした。

少し前から病室で寝ている母に、先日、妹が『元気になれそう』という絵本を持って行きました。ジブリ好きな彼女の、母を励ますための、素敵なチョイスだと思いました。

元気になれそう―映画「魔女の宅急便」より

 

裏表紙には、先のキャッチコピーの英訳が書かれていました。

“I was really down for a while, but I’m okay now.”

私は英語には疎くて、ちっとも詳しくないけれど、これはとても素敵な訳文なのではないかと直感的に思いました。日本語のコピーと同様に、心にすっと届いて、じわりと沁みる。簡単な単語を使っているからこそ、深く感じ取ることができるという点で、言語が違うのに同じ雰囲気をあらわしている。そんな気がしました。並べてみると単語のチョイスはわりと異なるのに、伝えたい核の部分がちゃんと伝わってくる訳文。人間の感性のワザ。すごいなぁ。すごいなぁ。

ベトナム語だったらどんな風になるんだろうと、そんなことにも思いをめぐらせて。久しぶりに細胞が動いたような感覚になりました。

私たちには日々、いろいろな出来事が起こる。But I’m okay now. 

From Hem

「サンシャワー/東南アジアの現代美術展」

森美術館と新国立美術館で同時開催中の「サンシャワー/東南アジアの現代美術展」を見に行ってきました。この日は森美術館のみ。とても楽しみにしていた展覧会だったのですが、期待以上の素晴らしさでした。

インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス(五十音順)の現代芸術家たちの作品が多数集まっており、絵画、写真、彫刻、インスタレーションと、その表現方法もさまざま。どの国のどの作品も、各地の伝統や信仰をリスペクトしながら奇抜で画期的で、メッセージを伝えたいという強い思いで溢れていて。こんな風に作品ひとつひとつの前にじっと立ち止まって鑑賞した展覧会は、私には久しぶりでした。全作品写真撮影が自由だったので、印象深かったものをいくつか記録しておきます。

鑑賞しながらふと、今ここに並ぶ芸術家さんたちの作品は、たとえば一年後に彼らが再び模索した際には、なにかしら異なる形で登場するのではないか…と考えました。それは発展途上という意味ではなく、すでに素晴らしい形で完成しているものの、それぞれの作品には何とも言えない儚さとか、一方でたくましく変わってゆく自由さとか、漠然とした言い方ですが、そんなことをありありと感じたのです。作品の「これから」に思いを馳せることのできた、不思議で貴重な体験でした。開催中にもう一つの、新国立美術館のほうもぜひ見に行きたいと思っています。

From Hem

映画「草原に黄色い花を見つける」

以前ここでもご紹介したベトナム映画「草原に黄色い花を見つける」(原題はTôi thấy hoa vàng trên cỏ xanh)を先日、新宿武蔵野館で観てきました。

感想は… 率直に言ってとっても良かったです。舞台となっているフーイェン(Phú Yên)の美しい情景も、穏やかに繊細に進んでゆく物語も、主要三人の俳優さんたちの演技も(あえて子役とは呼びません!)、そして一度聴いたら忘れがたい音楽も。どれも本当に素敵で、私のなかでベトナム映画の印象がまた一つ、色濃く印象づけられました。

物語のなかには、もどかしく苦しくなる場面も。弟のトゥオンととても仲の良い兄のティエウ。けれど秘かに恋心を抱く女の子ムーンとトゥオンが急接近するのを見ていられず、トゥオンにひどいことをしてしまいます。嫉妬と後悔に苛まれながら毎日を過ごすティエウは、口数こそ多くないけれど感情がその都度表情にあらわれて、見ているこちらを切なくさせます。新宿武蔵野館で手にしたチラシには著名人たちのコメントが寄せられていましたが、声優の日高のり子さんのそれにとても共感しました。

「子どもの頃を思い出して切ない気持ちになった。未熟ゆえに人を傷つけてしまったこと。大人に理解されずに悲しかったこと。でもそんな経験が子どもを大人にしてくれる。ラストのティエウの微笑みが、そう教えてくれました」(日高のり子さんコメント、映画チラシより)

ベトナム映画が、これから先も日本に紹介されることを心から願っています。

From Hem

珈琲セミナーに参加しました

私はコーヒーが大好きで、毎日、朝昼晩と食後に必ず口にしています。自分で豆から挽いて淹れるときもあれば、インスタントで済ませてしまうときもあるし、外出先のカフェなどでいただくこともあります。けれどじゃあコーヒーに詳しいかと言われればまだまだそんなこともなく、何かしらのこだわりがあるわけでもなくて、自分好みの豆を模索したり、淹れ方を試行錯誤している最中でした。

そんなとき、先日のことですが、時々立ち寄っていた駒込の「百塔珈琲shimofuri」さん主催のコーヒーセミナーに参加する機会を得ました。いつも美味しいコーヒーをいただけて、お店もスタッフさんも素敵な雰囲気で、お気に入りの喫茶店でした(必ず「羊毛とおはな」の音楽が流れているのも好きな理由のひとつでした)。前から時々セミナーをやっているのは知っていたのですが、念願かなって参加することができました。

この日は「基礎編」ということで、コーヒーベルトのお話や、コーヒーの生産・焙煎・抽出の過程のお話、良質なコーヒーとそうではないコーヒーの違いなどを店長さんにご紹介いただいて、その後で実際にさまざまな品種の、あえてさまざまな焙煎・抽出過程を経たコーヒーを試飲しました。レクチャーのおかげで、おもしろいくらいに味の違いが分かりました!さらに温度を冷ました後に飲み比べたりもして、味の変化を楽しみました。こんなに一度にたくさんの種類のコーヒーを飲んだのはもちろん初めてで、飲み進めるにつれてだんだんと不思議な感覚に陥り、ついには自分の舌に自信が持てなくなりました(笑)一口目の印象って大切なんだなぁとも思いました。この日は一番気に入った豆をお土産に持ち帰ることができ、私はケニア産の深煎りをいただきました。帰宅後に家で飲んだらやっぱり美味しかったです。

セミナーの冒頭に、店長さんがお話していたことがとても印象的でした。

「私は『美味しいコーヒー』という言い方はしないようにしています。『美味しい』というのはとても主観的なもので、当然人によって違うからです。だから今日はコーヒー屋として『よいコーヒー』『よくないコーヒー』の紹介をしますが、それが『美味しい』かどうかは皆さん次第です。ご自分の好きな味を見つけられることが大切です。正解はありません」。

何事においてもその通りだし、そういう店長さんの姿勢を素敵だなぁと思いました。私も正解を求めるのではないコーヒーライフを、これからもっと楽しみたいです。

From Hem