梅の季節

いいお天気だった日曜日。新宿御苑に梅や寒桜を見に行ってきました。樹木の様子で季節を感じられるのは、今この地に暮らしている特権かなと思って、堪能させてもらいました。ピントの甘い写真もありますが、ご愛敬で…。

※以下の写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。

From Hem

お寺で迎える旧正月 – 南和寺訪問記

Chúc mừng năm mới! 1月28日(土)は旧暦の元旦。ベトナムでもお正月(テト)を迎えました。家族や友人たちとゆっくりとお正月を楽しむ現地の友人たちの姿が目に浮かんでいます。

昨日1月29日(日)は、埼玉県越谷市にあるベトナムのお寺、南和寺Chùa Nam Hoà)で開催されたテトのお祭りに参加してきました。昨年初めて訪問してみたこの催しでしたが、日本では滅多に経験できない貴重なものだと実感し、今年はベトナム語を勉強しているお仲間と総勢6名で行ってまいりました。*昨年の訪問記は以前のブログに綴っています。

越谷駅にお仲間と待ち合わせをしていると、改札やバス停付近にベトナム人の若者グループがわいわいと集っていました。皆さんやはり南和寺へ向かう様子。艶やかなアオザイを着た女の子もいました。

P_20170129_105914

越谷駅からバスに揺られること約20分、お寺に到着。晴天に恵まれてとても暖かく、すでに100人近い?もっとかな?の在日ベトナム人の皆さんで賑わっていました。お線香をたて、熱心にお祈りする人の姿も多数見られました。一緒に参加したお仲間のひとり、ベトナム人のTさんが「このお寺は南部風のお寺ですね。私は北部出身なので、少し不思議な感じがします。しきたりもよくわかりません…」と言っていたのが印象的でした。

P_20170129_105542

11時になると屋内でお経を読む時間がスタート。少し覗いてみましたが、なかなかベトナム語の仏教用語は理解できず、時折聞こえる”Nam Mô A Di Đà Phạt.”(ナム・モ・ア・イ・ダ・ファッ:南無阿弥陀仏)が精いっぱいでした。この後お経は1時間近く続いていましたが、皆さんとても熱心に、とても集中して唱えていました。

P_20170129_112122

別の部屋に移動して、離れたところから聞こえるお経をバックにBún riêu(ブン・リェウ:トマトベースで作る米麺の一種)をいただきました。お肉や魚介を一切使っていない精進料理とのこと、素朴な味でとても美味しく、体に染み入りました(ちょこっと加えてみた唐辛子は激辛でした)。この部屋で、昨年も同じこのテトのお祭りでお話させていただいた何人かの方との再会を果たせました。覚えていてくださったのが、純粋に嬉しかったです。

P_20170129_112131

P_20170129_113910

麺とあわせていただいた、Bánh da lợn(バイン・ヤー・ロン:パンダン×ココナッツ、緑豆×ココナッツの二層の生地を重ねて作るスイーツ。「豚(lợn)の皮(da)のお菓子(bánh)」という面白い名前)、それから、Chè(チェー:ぜんざい)。これがどちらも適度な甘さで本当に美味しく、ベトナムの味だぁ…と妙に感慨深くなってしまいました。一緒に食べていたTさんも、「日本にあるどこのベトナム料理レストランよりも、このチェーが美味しい」とほっこり笑顔になっていました。

P_20170129_123509

12時頃に読経が終わり、野外の広場でパフォーマンスが行われる段になりました。最初はピンクのアオザイを着て花飾りをつけた女の子たちによるダンス。写真だと遠くてちょっと見づらいのですが、とても可愛らしかったです。

P_20170129_125501

カウントダウンで盛大に爆竹を鳴らした後には、色鮮やかな獅子舞が。前にひとり後ろにひとりと、人間ふたりで一頭を操るのですが、この派手な演舞を私が現地で見ることができたのは、旧正月と中秋節の年2回くらいでしたから、それをこうして地元埼玉で見ることができるのって、すごい! 観衆の皆さんも大盛り上がりでした。

P_20170129_124932

このÔng địa(オン・ディア:土地の神様)が獅子舞を操り、陽気に場を盛り上げていました。ちゃっかり観衆からlì xì(リー・シー:お年玉)をもらっていたのが可笑しかったです。

P_20170129_130436

パフォーマンスの後には、昨年はなかったベトナム書道のコーナーも登場していました。ベトナムには世界的にも珍しい、アルファベットによる書道が存在しています。この旧正月のタイミングで、一年の抱負や、心にとめておきたい一文字などを書いてもらう習慣があるのです。

昨年の感じだと、この後は恒例の?カラオケタイムに移行したと思うのですが、私はここでお先に失礼することになりました。わずか2時間ほどの滞在でしたが、今年もまた、日本にいながらにしてベトナムを感じることのできる、とても貴重な体験をさせていただきました。あたたかく迎えてくれたお寺の皆さん、一緒に参加してくれたベトナム語仲間の皆さん、お寺にて楽しい空間と時間を共有させてもらった皆さん、ありがとうございました。今年に入って二度目のご挨拶ですが(笑)、あらためて、皆さんにとって素敵な一年になりますように。

P_20170129_124002

From Hem

手づくりのあたたかさ

p_20161203_134649

いいお天気だった先週の土曜日、めずらしく中目黒へ。レンタルスペースさくら中目黒で開催されていた『Shuk Tokyo』という催しに行ってきました。衣類や雑貨を販売する多様なお店が集まったマーケットイベントで、実は、私のこのサイトのシンボルにもなっているベトナムコーヒーのイラストを描いてくださったokkoyokkoさんが出店されていました!(素敵なイラストについては、以前書いたこちらの記事をご参照くださいませ)

p_20161203_134802

素敵なイラストを描いていらっしゃる傍ら、タイで出会った布を使って心のこもった可愛い雑貨の製作をされている多彩なokkoyokkoさん。冬の間は主に「イランのおばあちゃんの手編みくつ下」を販売されているということで、インスタグラムに投稿される写真を拝見して前々からとっても気になっていました。この日は久しぶりの再会を喜びながら、そのくつ下たちをたくさん手に取らせていただきました。複数の職人さんによる手編みのため、ひとつひとつのくつ下の柄も編み方も多種多様で、楽しい目移りをしてしまいましたが、柄に一目惚れしてサイズもぴったりだったこちらのくつ下を購入しました(写真右)。

img_20161207_153207

okkoyokkoさんのお話から、イランのことに思いを馳せ、手作りの大変さと尊さを感じた時間でした。そして何よりokkoyokkoさんご自身がこのくつ下と作り手の皆さんを愛していらっしゃるのが伝わってきてうれしくなりました。履いてみると足がとってもあたたかくて、寒い日々の家仕事に欠かせないアイテムになりそうです。

そしてお隣のブースで出品されていたkasaneさんの、米袋バッグにも一目惚れ(写真右)。取っ手部分に好きな布を選べて、結ぶ間にいろいろなお話もさせていただきました。思っているよりもずっとずっと丈夫らしく、しかも使えば使うほど味のあるシワが刻まれていくそう。

いろいろな人の想いがたくさん詰まったふたつの作品、大切に、たくさん、使っていこうと思います。

From Hem

空と葉っぱがきれいな日には

最近は空と木々とがカラフルな季節で、寒いけれど、日中外に出るのがうれしくなります。ずっと続けばいいなと思いますが、儚いからいいのかもしれないです。

(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

 

驚くべきことに、師走。

From Hem

A O Showのこと

数年前まで関わっていて、今でも大好きな、A O Showのことを、あらためて。

ホーチミン暮らしの終盤、A O Show(アー・オー・ショー)という公演のスタッフとして仕事をしていた時期がありました。現在もなおホーチミン市1区の市民劇場(オペラハウス)で上演が続く作品です。

監督は、かつてシルクドソレイユにも参加していたトゥアン・レー。子どものころからドイツに暮らし西洋の舞台芸術に触れてきた彼は、自身はジャグラーとして活躍、シルクドソレイユのメンバーとして世界各地を回ったのち、故郷であるベトナムに戻ることを決意したそうです。ベトナムのサーカス業界や舞台芸術を盛り上げるべく、ハノイで第一弾となる「Lang Toi – My Village」という作品を製作。その後ホーチミンで第二弾となる姉妹作品、「A O Show」を製作しました。

「A O Show」はベトナム南部の暮らしがモチーフとなっていて、穏やかな農村の情景と変わりゆく都市の様子とが、サーカス、アクロバット、演劇、ダンスなどのさまざまな要素によって、時にシリアスに時にコミカルに描かれます。演者は全員ベトナム人の若者でその出自は様々なのですが、全員に共通する身体能力の高さには心底驚かされます。台詞に代わって音楽が作品を彩りますが、約20種類のベトナムの伝統楽器を5名のミュージシャンが巧みに操り、生演奏による素朴で独特な音色は、作品に必要不可欠な魅力となっています。

私は元々このショーを鑑賞してファンになっていました。「こんなショー見たことない!すごい!」と大興奮し、隣に座っていた台湾人の女の子と感動を伝え合った日のことをよく覚えています。その後たまたま知り合いからご紹介をいただき、ショーの製作会社に日本人スタッフとして勤務をはじめ、日本語媒体に向けて広報を行ったり、やって来てくださった日本人のお客様へのサポートを行ったりしていました。日本への帰国を機に辞めてしまいましたが、その後もかつての同僚たちとはやりとりを続けていて、今年9月の渡航時には久々の再会を果たせました。9月に公演していた第三弾作品、ベトナムの少数民族の暮らしをテーマとした「Teh Dar」も鑑賞することができました。以下の写真はそのときのものです。

aoshow

1480409306957

ベトナムの舞台芸術を盛り上げたい、ベトナム独自の良さをより多くの外国人に知ってほしいというトゥアン・レー監督や出演者たち、製作会社のスタッフたちのことを、今でも日本から応援し続けています。

*****

・A O Showの公式サイト(英語)はこちら

・A O Showについて紹介したベトナム紹介サイト「べとまる」さん(日本語)はこちら。かつて私が勤務していた時期に、監督、演者、ミュージシャンへのインタビューを行ってくださいました。

*****

From Hem