映画『ドリーミング村上春樹』

見逃していたドキュメンタリー映画『ドリーミング村上春樹』が下高井戸シネマで期間限定で上映されていたので、慌てて観に行ってきました。

村上春樹作品のデンマーク語翻訳を手がけるメッテ・ホルムさんのお話。約一時間の短い映画ながら、とても崇高なものを観てしまったような、文学翻訳の途方もなさに打ちひしがれてしまったような気持ちになりました。それでも、一文や一語に惜しみなく時間をかけ、仲間や友人と議論を重ねるメッテさんの誠実な姿に感銘を受け、勇気をもらいました。翻訳は孤独な作業だけれど、その作業を通して世界と繋がれる。どんな分野の翻訳でも、原文への敬意を忘れずに、私も、できることをやろう。とりあえず『風の歌を聴け』また読まなきゃ。

下高井戸シネマでは今週2/7㈮までの上映だそうです。パンフレット買ったのいつぶりだろう。素敵な情報を教えてくれた @teng_mo21 さん、本当にありがとう!

From Hem

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください