今日のベトナム語~三密

新型コロナウイルスの流行により、今まで存在しなかったいくつかの新しい言葉が、すっかり私たちの生活に浸透しています。「三密」もそのひとつ。

日本政府をはじめ、全国のあらゆる自治体がそれぞれの形で「三密」状況を避けるよう呼びかけていましたが、特に外国人住民の多い自治体では、これを多言語で展開していました。ベトナム語ではどんな表現になるのだろう?と、いくつかの自治体のウェブサイトを閲覧しましたが、訳者さんによって表現はさまざま。生まれたばかりの日本語なのですから、それも当然のことですね。

そんななかでも、自治体に限らず民間の企業や学校、個人の発信などに目を広げると、少なくとも「密閉」「密集」「密接」の3語に関しては、一定の訳語が徐々に定着してきているのかな?という傾向を感じました。私自身もとても勉強になりましたので、下記にご紹介します。日本語は厚労省発表のもの、ベトナム語はホーチミンにある未来日本語学校 Facebookページ(2020年4月8日付の投稿)をそれぞれ参考にしつつ、私のほうで少しアレンジしてあります。

*****

3つの密を避けましょう

Tránh 3 chữ MẬT (TAM MẬT)

①密閉

Mật bế

換気の悪い空間を避ける。

Tránh nơi thiếu thoáng khí.

②密集

Mật tập

多数が集まる場所を避ける。

Tránh nơi đông người tập trung.

③密接

Mật tiếp

間近で会話や発声をする場面を避ける。

Tránh nơi phải tiếp xúc gần để trò chuyện hay nói to.

*****

ポイントは「密」を mật(マッ)という漢越語で置き換えている点。これはベトナム語に漢字由来の単語が多く、日本語との類似性があるからこそできる訳し方だと思います。

From Hem

美しさの再構築

本サイトの「勝手に翻訳シリーズ」では趣味で翻訳したものを掲載しています。

最近こうした翻訳作業を通して再認識したこと、それは、翻訳という作業は(特に自分から作品を選んで行う翻訳は)原文に感じた美しさを別の言語で再構築することなのではないか、ということでした。少し前、インスタにも投稿していた内容ですが、あらためてここに掲載してみます。

*****

【そのときは彼によろしく】

nếu…〔ネウ〕もし〜なら
gặp〔ガッ〕会う
người ấy〔ングオイ〕その人
cho tôi + V〔チョートイ〕私に〜させてください
gửi〔グーイ〕送る
lời〔ローイ〕言葉
chào〔チャオ〕あいさつする
*gửi lời chào で「あいさつの言葉を送る」→「よろしく伝える」

美しい日本語が、美しいベトナム語に(その逆も然り)訳されているのを見るときほど、言語を勉強してよかったなぁと思うことはありません。ここでの「美しさ」は極めて主観的な感覚なのですが…

市川拓司著「そのときは彼によろしく」。長澤まさみさんと山田孝之さんで映画化もされましたね。私はこの「そのときは彼によろしく」という日本語タイトルの語感がとても好きだったのですが、ある日ホーチミンの書店でそのベトナム語訳(写真右)を発見したとき、ベトナム語になっても、かつて感じた「美しさ」がそのまま維持されていることに、静かに感動したのを覚えています。

直訳は「もしその人に会ったら、私からよろしくと伝えて」という感じでしょうか。訳者さんの言葉選びの素晴らしさを感じます。

*****

これからも自分にできることを精一杯やっていこうと思います。

From Hem

あらためて発音の話

ベトナム語は発音が難しい。

これはベトナム語を学習した人ならだれもが感じる悩みでしょう。日々のレッスン中にも発音に関するいろいろな質問をいただいて、私自身も発音の習得についてあらためて考えるところがあり、一体発音の何がどう難しいのか、この機会に整理してみたいと思いました。自分のメモ的内容なので、経験者のみなさんにとっては「もう知ってるよ~」ということかりだと思いますが、「そうなんだよな~わかるよ~」とあたたかい目でご覧いただければ幸いです。

*****

ベトナム語の発音には3つの要素「母音」「子音」「声調」が含まれます。「声調」は日本語にはない概念ですし、「母音」「子音」は日本語のそれとはずいぶん音が異なります。そしてベトナム語の発音が私たちを悩ませるのは、この3つの要素が1つの語の中に同時に発生するからと言えます

「終わる、終了する」を意味する kết thúc(ケットゥッ)という熟語を例に具体的に見てみましょう。これは〈結束〉という漢越語(漢字由来のベトナム語)で、二字熟語として使います。ちょうど先日、とある生徒様から「なかなか通じないんです」とご相談を受けた語でした。

kết thúc

●まずは kết をご覧ください。k=頭子音、ê=母音、t=末子音の3文字が連なって1語となり、この1語に対してdấu sắc(ザウ ザッ/鋭く上がる声調)がついている構成です。

●子音 k は後ろの母音 ê と結びついて「ケ」と読みます。ê という母音は e の上に三角帽子の記号がついていて、口をあまり開けずに発音します。最後の t は「ット」の「ト」を発する直前で止めます。これに鋭く上がる声調をつけて「ケッ(ト)」と読みます。「ケッ!何さ!」と文句を言うときの「ケッ!」と似ています。(言わない?)

●続いて thúc をご覧ください。th=頭子音、u=母音、c=末子音の3文字で1語となり、やはり鋭く上がる声調がついています。声調は計6種類ありますが、このように同じ声調が続くのは珍しいことではありません。

子音 th は後ろの母音 u と結びついて「トゥ」と読みます。子音 th が有気音(息をぶわっと吐き出して発する音)のタ行であることと、母音 u が口をぎゅっとすぼめる「ウ」であることを意識するのがポイントです。末尾の c は「ック」の「ク」と発する直前で止めるのですが、-uc がセットになると口に空気を入れて(少し頬を膨らませて)終わるという不思議ルールがあります。語全体に鋭く上がる声調をつけては「トゥッ(ク)」と読み、読み終わるときには頬を膨らんでいる格好です。

 

…と、ここまで長々と書いてみて、本投稿内に音声や動画を掲載できないのが悔やまれるのですが(何か良い方法があれば後日追加します)、「母音」「子音」「声調」の3要素が1語の中で同時発生することをイメージいただけたでしょうか。ベトナム語の発音はつまり、1つの語を読むときに同時に意識しなければならないことが多いのです。もちろん上記は一例です。母音(単母音だけで12コ)・子音(頭子音24コ、末子音8コ)・声調(6コ)にはそれぞれのルールがありますし、上記のようにこれとこれを組み合わせたときはこうなるという特殊ルールもあります。すべてのルールを頭で理解できたとしても、口で実践するのにはまた別の苦労があるでしょう。

 ですが音に対して厳密性を求めるベトナム語、これらを克服しないことには、残念ながらなかなか通じません。そして私はこの音の豊かさこそがベトナム語の美しさだとも感じています。「ルールの見える化」と「効果的な実践方法の確立」、ベトナム語学習に携わる者の端くれとして、他人事にしてはいけない重要課題だと思います。そんな決意の備忘録。

From Hem

今日のベトナム語~男の子と女の子

先日、ベトナム人の同僚と家族にまつわるあれこれを話していたときに、教えてもらった表現。

“Có nếp có tẻ”

(コー) は「ある、いる、持つ」、nếp (ネッ)または gạo nếp(ガオネッ)は「もち米」、tẻ(テー)または gạo tẻ(ガオテー) は「うるち米」を意味する単語で、直訳すると「もち米があり、うるち米もある」。

これは「息子と娘がひとりずついる」ことを表していて、その同僚いわく、ベトナム人にとっては理想とされる家族構成とのこと。con trai(コンチャーイ)「息子」や con gái(コンガーイ)「娘」という単語があるのに、あえてお米で表しちゃうのが面白い。Lさんありがとう、勉強になりました。

From Hem