ベトナム語を知る10のこと

ここでは「そもそもベトナム語ってどんな言語?」という方のために、10のテーマで紹介しています。もちろんこれだけではなかなか情報が足りませんが、ベトナム語に親しむための一助となれば幸いです。

vietnamcoffeeandpot-CMYK350[Vietnamese coffee with pot by OKKO YOKKO]

***

1.ベトナム語は、キン族の母語です。

ベトナムには54の民族がいると言われていますが、多数民族であるキン族(ベト族とも)の母語がベトナム語であり、ベトナム国内の公用語という位置づけになっています。

***

2.アルファベット表記です。

近隣諸国が独自の文字を展開するなか、ベトナム語はアルファベットを使用し、その上や下に「声調記号」や「母音記号」をつけて表記します。F、J、W、Zの4文字はなく、DとĐの2種類があります。読み方は日本のローマ字読みが通用するものもあれば、そうではない独自の読み方もあります。

***

3.昔は漢字を使っていました。

1000年以上におよぶ中国支配の影響で、長い間ベトナムの公式の文字は漢字でした。10世紀頃にはベトナムで誕生した「チュノム」と呼ばれる独自の漢字もありましたが、あまり普及はしなかったと言われています。その後西洋のカソリック宣教師たちの活動やフランス植民地を経て、アルファベット表記のベトナム語が公式の文字となりましたが、漢字の影響で、今でもベトナム語の語彙の約6割は漢字に置き換えられ、日本語と似た音の単語も多数存在します。

chú ý (チュー・イー:注意)

ý kiến (イー・キィエン:意見)

***

4.6つの声調があります。

中国語と同様に声調言語であるベトナム語。音が上がったり、下がったり、くねったり…これが全部で6種類あります。声調の違いによって同じスペルでも意味が変わってしまうので、区別が大切です。ベトナム語が「まるで鳥のさえずりのよう」と言われるのは、この豊かな声調が理由。

ma    mà    má    mả    mã    mạ

***

5.12の母音があります。

「ベトナム語は発音が難しい」と言われるのは、声調よりも母音の多さが原因ではないかと思います。アが3つ、イが2つ、ウが2つ、エが2つ、オが3つ、全部で12の母音を操らなければなりません。ただしこれらは「音の違い」よりも、「口やのどの使い方の違い」を意識すればクリアできるというのが筆者の意見であり、ベトナム語発音恐怖症を克服する秘訣ではないかと思っています。口をたくさん使って筋肉痛になりそうなのがベトナム語の楽しいところで、慣れてきた頃には表情まで豊かになるような気がします。

a   ă   â   i   y   u   ư   e   ê   o   ô   ơ

***

6.文法はSVOです。

発音で私たちを苦しめるベトナム語ですが、その文法は、英語と同様「主語+動詞+目的語」なので、非常にとっつきやすいです。

Tôi học tiếng Việt Nam. (Tôi=私、học=勉強します、tiếng Việt Nam=ベトナム語)

***

7.単語は一切変化しません。

ベトナム語には、動詞の活用といった単語の変形がありません。これもベトナム語のとっきやすいポイント。主語が単数か複数か、一人称か二人称かなどで動詞が変化することは一切なく、過去や未来の時制を表すときには、以下のように専用の単語をプラスすればOKです。

Tôi sẽ học tiếng Việt Nam. (sẽ が動詞の未来を表し、「(これから)勉強します」となります)

Tôi đã học tiếng Việt Nam. (đã が動詞の過去を表し、「勉強しました」となります)

***

8.フランス語からの影響も見られます。

語彙には漢字の影響が強いベトナム語ですが、100年弱におよんだ植民地支配の影響で、フランス語から外来語としてそのまま定着したものも多数。音を聴けばすぐにピンとくるものばかりで、これらを探すのもまた楽しい勉強です。

cà phê (カー・フェ:珈琲)

sô cô la (ソ・コ・ラ:チョコレート)

***

9.もちろん、地域による差異があります。

地域によって発音や単語の違いなどが存在します。発音について言えば、筆者はずっとホーチミンに暮らしていたので、いわゆる南部発音に親しんできましたが(例えばD行は「ヤ・イ・ユ・エ・ヨ」と読みます)、ハノイなどの北部発音はこれとはまた違った音になります(例えばD行は「ザ・ジ・ズ・ゼ・ゾ」と読みます)。外国人がベトナム語を学ぶ際には、首都であるハノイの北部発音や北部単語を習うことが多いですが、自分が今いる場所(あるいは行くであろう場所)のものを学ぶのが一番いいんじゃないかなと、筆者は思っています。

***

10.「あなた」と「私」がたくさんあります。

英語ではすべて「You」で済んでしまう二人称ですが、ベトナム語はこれが多様。自分より年上の男性なら「anh(アイン)」、年上の女性なら「chị(チ)」、年下の男女はともに「em(エム)」…といったように、自分と相手との関係性において「あなた」を使い分けます。厄介なのは同時に、その関係性において「私」という一人称も変化すること。複数の人で集まって、自分が年齢的に中間にいるときには「私」をコロコロ変えねばならず、苦労するものです。でもこれは、関係性を重んじるベトナムの人々にとってはとても大切な要素なのだと思い、ベトナム語に親しむ上ではぜひ知っておきたいことでもあります。

***