ベトナム語とは

ここでは10のトピックでベトナム語を紹介します。もちろんこれだけでは情報が不十分ですが、そもそもベトナム語ってどんな言語だろう?と気になった方への一助となれば幸いです。

 

 ベトナム語は、キン族の母語です。

ベトナムには54の民族がいると言われていますが、多数民族であるキン族(またはベト族という)の母語がベトナム語であり、ベトナム国内の公用語という位置づけになっています。少数民族にもそれぞれの母語があり、学校教育では学習が保障されています。

 

 アルファベット表記です。

近隣諸国が独自の文字を展開するなか、ベトナム語はアルファベットを使用し、その文字の上や下に「声調記号」「母音記号」を付けて表記します。F、J、W、Zの4文字は使用せず、DにはDとĐの二種類が存在します。読み方は日本のローマ字読みが通用するものもあれば、そうではない独自の読み方もあります。

 

③ 昔は漢字を使っていました。

千年以上におよぶ中国支配の影響で、長い間ベトナムの公式の言語は漢語、公式の文字は漢字でした(話し言葉としてのベトナム語は別に存在していました)。10世紀に中国から独立し、その頃には「チュノム/Chữ Nôm」と呼ばれる独自の文字も誕生しましたが、その複雑さゆえにあまり普及はしなかったと言われています。その後西洋のカトリック宣教師たちの活動やフランスの植民地支配を経て、漢語・漢字は排除され、アルファベット表記のベトナム語が公式の言語・文字となりましたが(これを「クオック・グー/Quốc ngữ=国語」と呼びます)、漢字の影響で今でもベトナム語の語彙の約6割は漢字に置き換えられ、日本語と似た音の単語も多数存在します。これは私たち日本人にとってはとても有利な点だと思います。

★例:chú ý(チューイー、注意)     ý kiến(イーキェン、意見)

 

④ 6つの声調があります。

ma     mà     má     mả     mã     mạ

中国語と同様に声調言語であるベトナム語、音が上がったり下がったりくねったり…これが全部で6種類あります。声調の違いによって同じスペルでも意味が変わってしまうので、区別が重要です。 

★例:bàn(机)     bán(売る) bạn(友人)

 

⑤ 12の母音があります。

a 口を大きく開けて長めのア
ă 口をお皿のような形にしてア
â 口を小さめに開けてこもったア
i 短いイ
y 長いイ
u 口をぎゅっとすぼめてウ
ư 口を横に引いてウ(歯を見せるように)
e 口を大きく開けてエ
ê 口を小さめに開けてエ
o 喉の奥を広げるようにオ
ô 口を丸く小さめに開けてオ
ơ 下あごを突き出すようにしてオ

「ベトナム語は発音が難しい」と言われるのは、声調よりも母音の多さが原因ではないかと思います。アが3つ、イが2つ、ウが2つ、エが2つ、オが3つ、全部で12の母音があり、母音が違えば同じスペルでもやはり違う単語になってしまいます。

★例:ウの違い

thu(秋) thư(手紙) cúng(拝む) cứng(固い)

ただしこれらは「音の違い」よりも「口やのどの使い方の違い」を意識すればクリアできるというのが私の意見であり、ベトナム語の発音の難しさを克服する秘訣であると思います。


⑥ 文法は英語と似ています。

発音で私たちを苦しめるベトナム語ですが、その文法は基本的には英語と語順が同じ。むしろ英語よりもシンプルに考えられるため、非常にとっつきやすいです。

★例1:名詞文

I    am    a  student.
Tôi  là   sinh viên.
We are students.
Chúng tôi  là  sinh viên.

★例2:動詞文

play  tennis.
Tôi chơi   ten-nít.
He    plays     tennis.
Anh ấy  chơi     ten-nít.

★例3:形容詞文

I    am  tired.
Tôi 不要 mệt.
She is    beautiful.
Chị ấy  不要 đẹp

 

⑦ 単語は一切変化しません。

上記の英語との比較を見るとわかる部分もありますが、ベトナム語には名詞の単数形・複数形による語形変化が一切なく、さらに動詞の時制による語形変化もありません。つまり、全般的に単語の形が変わることがあり得ず、これもベトナム語がとっつきやすいポイントです。例えば動詞の過去形・未来形・現在進行形を表す際には、以下のように専用の単語をプラスすればOKです。

★例:動詞の時制による変化

現在形 Tôi chơi ten-nít.  

私はテニスをします。

過去形 Tôi đã chơi ten-nít. 

私はテニスをしました。

未来形 Tôi sẽ chơi ten-nít.  

私はテニスを(これから)します。

進行形 Tôi đang chơi ten-nít.

私はテニスをしています。

 

⑧ フランス語からの影響も見られます。

語彙には漢語・漢字の影響が強いベトナム語ですが、100年弱におよんだ植民地支配の影響で、フランス語から外来語としてそのまま定着したものも多数。音を聞けばピンとくるものばかりで、これらを探すのもまた楽しい勉強になると思います。

★例:cà phê(カーフェ、珈琲)  sô cô la(ソコラ、チョコレート)

 

⑨ 地域による差異があります。

国の公用語として用いられているベトナム語ですが、表記方法は全国で統一されているものの、発音の面では地域による違いが存在します。私はずっとホーチミンに暮らしていたので、いわゆる南部発音に親しんできましたが、同様の単語なのに北部発音では違う音になる場合があります。また物の呼び方自体がごっそり違う場合もあります。

★例1:発音の違い

「教員」= giáo viên 

部では(ヤオ・イェン)北部では(ザオ・ヴィェン)と読みます。

★例2:物の呼び方の違い

「グラス」 南部では ly (リー)、北部では cốc(コッ)と言います。

 われわれ外国人がベトナム語を学ぶ際には、首都であるハノイの北部発音を習うことが多いですが、自分が今いる場所(あるいは今後行くであろう場所)の発音で学ぶのが一番良いのではないかと思います。

 

⑩ 「あなた」と「私」がたくさんあります。

英語ではすべて「you」で済んでしまう二人称、ベトナム語にはこれが多数存在します。相手が自分より少し年上の男性なら「anh(アィン)」、少し年上の女性なら「chị(チ)」、少し年下の男女ならともに「em(エム)」…といったように、自分と相手との関係性において「あなた」を使い分けます。厄介なのは同時に、その関係性においては「私」という一人称も変化することです。これらは、関係性を重んじるベトナムの人々にとってはとても大切な区別であり、ベトナム語に親しむうえではぜひ知っておきたいことでもあります。

★例:主な人称代名詞

 相手が… 二人称「あなた」 一人称「私」
祖父くらい年上の男性

祖母くらい年上の女性

ông

cháu

cháu

父親くらい年上の男性

母親くらい年上の女性

bác / chú

bác / cô

cháu / con

cháu / con

兄くらい年上の男性

姉くらい年上の女性

anh

chị

em

em

自分と同い年の男性

自分と同い年の女性

bạn

bạn

mình

mình

弟くらい年下の男性

妹くらい年下の女性

em

em

anh

chị

子どもくらい年下の男性

子どもくらい年下の女性

cháu / con

cháu / con

bác / chú

bác / cô

孫くらい年下の男性

孫くらい年下の女性

cháu

cháu

ông

男性の教師

女性の教師

thầy

em

em

※テキストや例文によく登場する「tôi(トイ)」は確かに一人称「私」を表しますが、これは中立的かつ他人行儀的な「私」として、限定的な場面(大勢の人を相手にするプレゼンや会議など)を除いてほとんど使われません。ただし、こうした人称代名詞に慣れるまでは便宜的に「tôi」を用いて学習するのも一つの方法です。